ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

YO-KING×峯田和伸、弾き語りライブで幻のユニット・不足の美「やさしい気持ち」披露

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
YO-KING×峯田和伸、弾き語りライブで幻のユニット・不足の美「やさしい気持ち」披露

2月11日、真心ブラザーズ・YO-KINGと銀杏BOYZ・峯田和伸の2組による「ぴあpresents STAND ALONE Vol.3 supported by uP!!!」が開催された。

YO-KINGと峯田和伸はシンガーソングライターとしての先輩・後輩ではあるものの互いに敬意を表す関係。ただ、ここ数年は共演する機会がなく、今回久しぶりに同じステージに立つことになった。

MCの井手大介の呼び込みによって最初に登場した峯田和伸。まるで友だちの会いに来たかのような気さくな感じで来場者に挨拶したが、1曲目の「人間」を歌い始めると、会場を歌の世界に引き込んだ。演奏したのは「BABY BABY」「べろちゅー」といった人気曲からリリース前の新曲までの全8曲。

続いて登場のYO-KING。MCや挨拶はなく、すぐにギターをかついで1曲目「GREAT ADVENTURE FAMILY」を演奏。楽曲間のMCでは「ちょっと回転!」と円形ステージをたびたび回転させ360度の来場者に向かう場面もあったが、その素顔と歌のギャップがいかにもYO-KINGらしい。「夜」「Hey!みんな元気かい?」他全8曲を演奏。

最後はYO-KINGと峯田和伸のセッション。YO-KINGがプロデュースをした銀杏BOYZの楽曲「東京」、そして真心ブラザーズの「明日はどっちだ」を演奏。途中のMCで峯田和伸は「YO-KINGは曲が染みるのに、湿らせないからすごい」と語り、一方のYO-KINGは「峯田くんのようなすごいミュージシャンと演奏すると、お客さんのことさえ忘れてしまう」と語った。

最後に、YO-KINGと峯田和伸が2004年に単発結成した幻のユニット・不足の美のレアバラード「やさしい気持ち」を演奏し終了。歌とアコースティックが心に染みる暖かいライブだった。

YO-KINGは、3月4日に真心ブラザーズの中野サンプラザ公演を控えており、銀杏BOYZは5月より対バンツアーを控えている。詳しくは各公式サイトをチェックされたい。

Text by 松田義人(deco)
Photo by 高田 梓

セットリスト
<峯田和伸>
M-1. 人間
M-2. 若者たち
M-3. べろちゅー
M-4. なんとなく僕たちは大人になるんだ
M-5. エンジェルベイビー
M-6. 骨
M-7. BABY BABY
M-8. 新訳 銀河鉄道の夜
<YO-KING>
M-1. GREAT ADVENTURE FAMILY
M-2. その後の世界
M-3. マイ・バック・ページ
M-4. 月面
M-5. 夜
M-6. 流れ星
M-7. バランス
M-8. Hey! みんな元気かい?
<YO-KING×峯田和伸>
EN-1. 東京
EN-2. 明日はどっちだ!
EN-3. やさしい気持ち(不足の美)

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。