ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『2月12日はなんの日?』A0R界の大御所、マイケル・マクドナルドの誕生日

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『2月12日はなんの日?』A0R界の大御所、マイケル・マクドナルドの誕生日

 2月12日はドゥービー・ブラザーズとしての活動でも知られるシンガーソングライター、マイケル・マクドナルドの65歳の誕生日。

 ブルー・アイド・ソウルやAOR界の大御所として、70年代から現在まで絶大な人気を集めるマイケル・マクドナルド。スティーリー・ダンのツアーメンバーを経て、1975年にドゥービー・ブラザーズに加入。マクドナルドはバンドの音楽性を骨太なロックから、R&Bやジャズの要素を取り入れた洗練された音楽=AORへと大きく転換させ、商業的成功へと導いた。

 ドゥービー・ブラザーズにとって唯一の全米ナンバー1アルバムとなった『ミニット・バイ・ミニット』(1978年)は、バンドの長いキャリアにおいて“マイケル・マクドナルド期”を象徴する作品であり、同アルバム収録のケニー・ロギンスとの共作曲「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」は、バンドにとって2曲目の全米ナンバー1シングルとなり、グラミー賞においても2部門を獲得している。

 バンドが終焉を迎えた80年代には、ソロ・アーティストとしてアルバム『思慕(ワン・ウェイ・ハート)』(1982年)が全米6位を記録、ジェームス・イングラムやパティ・ラベルとのデュエットも人気を博し、ソロ・アーティストとして成功を収めた。以後、現在までAOR界の大御所としてシーンに君臨し続けている。

関連記事リンク(外部サイト)

『2月9日はなんの日?』女性シンガーソングライターの草分け的存在、キャロル・キングの誕生日
『2月7日はなんの日?』ビートルズがアメリカ上陸を果たした日
『2月6日はなんの日?』奇跡のリユニオン・ツアーを続けるガンズ・アンド・ローゼズ、アクセル・ローズの誕生日

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。