ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』、『アラジン』、『リトル・マーメイド』に続く名曲が誕生

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』、『アラジン』、『リトル・マーメイド』に続く名曲が誕生

 第89回アカデミー賞で “W受賞”に期待がかかっているディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』。アカデミー賞主題歌賞にノミネートされている主題歌「How Far I’ll Go」は、『アラジン』や『リトル・マーメイド』に続くヒット曲としての期待が高まっている。

 ディズニーの巨匠ジョン・マスカー&ロン・クレメンツ監督のゴールデンコンビ。彼らが生み出してきた楽曲の数々は、今も色褪せることなく誰もが知る名曲として愛され続けている。主人公アラジンとプリンセスのジャスミンが魔法のじゅうたんに乗り、今まで知らなかった世界の素晴らしさを歌う「A WHOLE NEW WORLD」(『アラジン』)、海で暮らす好奇心旺盛なプリンセスのアリエルが、愛する王子が住む人間の世界への憧れを歌う「Part of your World」(『リトル・マーメイド』)。これらの共通点は、主人公の“憧れ”の気持ちを歌っていること。誰も理解してくれない気持ちを歌に乗せ、素晴らしいメロディが付くことで、観る者の心に響くのだ。そして、この素晴らしい楽曲があるからこそ、『アラジン』も『リトル・マーメイド』も映画のみならずミュージカルでも世界中で上演され、歌い継がれている。

 そんな監督が新たに生み出した本作の主題歌も、この2曲と同じく主人公モアナの“憧れ”の気持ちが歌われている。モアナは16年間海に出ることを禁じられていたが、世界を救う冒険に挑む。海への憧れと、島に残らなければいけないという葛藤に悩みながらも、モアナの本当の気持ちを歌っている。主題歌の作詞・作曲は、ミュージカル『ハミルトン』でトニー賞史上最多の16部門ノミネート、11部門受賞という偉業を達成したクリエイターのリン=マニュエル・ミランダ。ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』は3月10日より公開。

◎公開情報
『モアナと伝説の海』
2017年3月10日(金) 全国ロードショー
ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2017 Disney. All Rights Reserved.

関連記事リンク(外部サイト)

加藤ミリヤ 「私は、モアナだ!」渾身の新曲『モアナと伝説の海』日本版EDアートワーク公開
アレッシア・カーラ、『モアナと伝説の海』エンド・ソング収録のデビューALが遂に日本リリース
ディズニーアニメ最新作『モアナと伝説の海』、日本版モアナがついに披露!主題歌“アイルゴー”吹替版PV 解禁

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。