体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

さくらしめじ、カレンダー発売イベントが大盛況

エンタメ

さくらしめじが2017年4月スタートのカレンダーを2月13日(月)に発売するにあたり、それを記念した先行販売イベントを2月12日(日)にHMV&BOOKS TOKYO(渋谷MODI 6F)にて行なった。
2月12日(日)@HMV&BOOKS TOKYO 6Fイベントスペース (okmusic UP's)
田中雅功と髙田彪我によるフォークデュオ・さくらしめじ。昨年に続いてのカレンダー発売となる今回は、12ヶ月全て違う衣装、違うシチュエーションで撮り下ろした力作! そんなカレンダー先行販売イベントには熱心なファンが詰めかけ、会場は大いに盛り上がった。

2014年に結成し、現役中学生フォークデュオとして活動を続けてきたさくらしめじだったが、今年は中学を卒業。新たなステージに進むフレッシュな2人に注目が集まっている。

【先行販売イベント質疑応答】
ーー昨年に引き続きのカレンダー発売となりましたが、今年はどんなカレンダーが出来ましたか?

田中:去年のカレンダーは壁掛けだったんですが、今回は据え置き型でコンパクトになっています。

髙田:去年よりもちょっと成長した「さくらしめじ」が見られるんじゃないかな、と思います。

ーーご自身の1番のお気に入りカットを教えてください。

田中:僕のカットは4月のカットがお気に入りで。4月という事で、ぽかぽかした光の感じと花を(2人の)間に入れて撮影しているので、暖かい感じに「さくらしめじ」らしさが出ているんじゃないかなと思って。このカットがお気に入りです。

髙田:僕のお気に入りカットは11月のカットなんですけど、夕日を背にして2人が演奏して唄っていて。アーティストっぽくて、かっこいい写真だと思って。このカットが一番好きです。

ーー撮影のときのエピソードなどありますか?

田中:ぼく、すごく眩しいのが苦手で。この4月のカットの撮影のときが、写真からも分かるように結構晴れていて。すごい光が当たって、すごい眩しかったけど、頑張りました!

髙田:公園の撮影で、色とりどりの花があったのを覚えています。

ーーカレンダーはどこに飾ってほしいですか?

髙田:サラリーマンの方だったらデスクだったり、学生さんには勉強机に。

田中:主婦の方はキッチンにおいて頂けたらと。きゅうり切りながら見れるので。何日か(笑)

髙田:いろんなところに置いて頂ければと思います。

ーー今年の3月で中学卒業ですが、高校生活はどんなものにしたいですか?

髙田:勉強面で言うと、中学校で苦手だった英語とか数学とかを高校でなんとか頑張っていきたいなと思います。生活面で言うと、日常生活で進歩して、大人らしい姿になれればと思います。

田中:新しい場所でスタートすると言う事で。新しい出会いを大切にしていきたいと思っています。

ーー高校生になったらやってみたいことは?

田中:登下校中の買い食いをやってみたいです。中学生だと出来ないんですよ、買い食いが。高校生になったらみんなでコンビニ寄って、肉まん買って、みんなでしゃべりながら買い食いしたいです。

髙田:登下校中に音楽プレイヤーで音楽が聴けるようになるので、それが1番嬉しいです。高校で新しい友達を作って、友達と一緒にお気に入りの音楽を聞きたいなと思います。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会