体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本当に釣ってんの? 店主が魚を釣るところから実際にお店で食べるまで密着取材!

f:id:Meshi2_Writer:20161116192536j:plain

物流技術の向上で、私たちはいつでも新鮮な魚を食べられるようになりました。

その鮮度を超える味を求めるとしたら、それは店主自身が釣り上げた「ストーリーのある魚」を食べることではないでしょうか。

釣り好き店主の「仕入れ」に同行し、どのようにして釣った魚が口に入るのか、調査してきました!

4時30分、港に集合

f:id:Meshi2_Writer:20161116192157j:plain

やってきたのは神奈川県横須賀市。ここ長井港はたくさんの釣り船屋さんが営業しており、相模湾へと出船していきます。今回の集合時間は早朝4時30分! まだ太陽が昇っていません。というのも、魚の朝ご飯に合わせた時間設定なのです。

f:id:Meshi2_Writer:20161116192221j:plain

今回私が乗船するのは「長助丸」。船長さんと釣り人2人に同行します。

狙いはカツオ、マグロです。相模湾といえば神奈川県、ド関東です。マグロなんて本当に釣れるのだろうか……。

f:id:Meshi2_Writer:20161116192233j:plain

出船と同時に太陽が顔を出しました。普通に生活しているとあまり見る機会のない日の出。海上から眺めると結構感動ものです。

陸から離れると、釣れるんじゃないかという期待感と、船酔いになってもすぐには陸に戻れない不安感の両方が高まってきました。

f:id:Meshi2_Writer:20161116192245j:plain

このかたが浅草で居酒屋「呑み喰い処 浅草なつの」を経営している夏野さん。ヒゲが整ったイケメンです。

これから釣り上げるであろう魚が、このかたのお店にメニューとして並びます。

釣れないと記事にならない! 気になる釣果は……?

f:id:Meshi2_Writer:20161116192304j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。