体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

やっとキタ! ハイブリッドのヴェゼルが200万ちょいで選べる時代

▲多面的価値を高次元で融合した新しいジャンルの車「VEZEL(ヴェゼル)」

▲多面的価値を高次元で融合した新しいジャンルの車「VEZEL(ヴェゼル)」

今をきらめく売れっ子コンパクトSUV

ホンダ ヴェゼルといえば、フィットをベースに開発されたホンダの小型SUV。そのサイズ感と独特のスタイリングから、幅広い層に好まれており、2014年から2016年までの3年間では、国内SUV販売台数No.1という超人気車です。

こんな売れっ子モデルですから、きっと、中古で狙っている方も多いことでしょう。

しかし悩ましいことに、ここ最近まで中古ヴェゼルの相場は美味しいとは言い難い状況にありました。中古現行モデルの魅力は、何といっても『新車より安い』ことです(もちろんそれだけではありませんが)。

早い話、今までの中古ヴェゼルは「……この値段なら新車買おうかな」と思ってしまう価格でした。もちろん、安値の物件も存在していましたが、それらは多くの場合、修復歴があったり過走行だったりと、いわゆる「ワケあり」物件。正直、声を大にしてオススメできる状況ではありませんでした。

しかし、機は熟したのです!

先に結論だけ述べてしまえば、「走行距離3万km以下の低走行車かつ修復歴なしの物件が、200万円ちょい出せるなら、そこそこ選べる」ようになったのです!

え? 200万円そこそこなら、新車とそんなに変わらない? ……そのとおり。ガソリン車であれば、新車で192万円~買うことができるので、先に述べたような「わざわざ中古で買わなくてもいいじゃん」状態かもしれません。

でも実はこれ、ハイブリッド車の話なんです。ヴェゼルのハイブリッドモデルは、最安のベースグレードを選んだとしても新車価格227万円~。どうです? わざわざ中古で買う意味、ありそうじゃないですか?

▲このグラフは、1.5 ハイブリッドのみを切り取ったものですが、他のハイブリッドグレードにも同様に昨年末から下落の波がきています(折れ線グラフ・平均価格、棒グラフ・流通台数)

▲このグラフは、1.5 ハイブリッドのみを切り取ったものですが、他のハイブリッドグレードにも同様に昨年末から下落の波がきています(折れ線グラフ・平均価格、棒グラフ・流通台数)

ヴェゼルってどんな車?

ここまで読んでいただいた「ヴェゼル狙い」の皆さまは、以降をすっ飛ばし、ページ下の物件検索リンクをポチしてみてください。でも、「ヴェゼルって何ぞや?」という方だっていらっしゃるかもしれませんので、ここで少しだけモデルの紹介をします。

ヴェゼルは、2013年末に発売が開始されたホンダのSUV。四駆らしい力強さ、クーペのあでやかさ、ミニバンの使いやすさ、さらには燃費性能まで、ジャンルの枠を超えた多面的な価値を高次元で融合させた新しい車として打ち出されました。大きくはハイブリッド車とガソリン車で二分され、それぞれに4WDを設定しています。

流麗なフォルムのエクステリアは、SUVの安定感とクーペライクなスタイリングを融合した、当時の国産車では珍しいパッケージングでした。

▲横から見ると、シャープなラインが際立ちますね。とてもスタイリッシュです

▲横から見ると、シャープなラインが際立ちますね。とてもスタイリッシュです

よく比較検討される国産車は、日産 ジュークやマツダ CX-3。最近登場したトヨタ C-HRもその枠に入ってくるでしょう。あえて、それらとの違いを一つ打ち出すとするなら……“デザインの方向性”だと筆者は思います。

クーペのようなスタイリングに古くさくない顔つき、上品なカラーラインナップ。少々安易な表現をすれば、古き良き国産ヨンクというより、今ドキの輸入SUVといったテイストです。でも、輸入車よりも手頃な価格で手に入るといったコストパフォーマンスが、多くの人に選ばれる理由だと思います。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。