ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

豆乳は“食べる”時代へ!?新感覚の「ごま担々スープ」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

健康素材として盤石の地位を得ている豆乳。普段から利用しているという人も多いのではないだろうか。2017年、豆乳は“飲む”から“食べる”時代に突入する!?

豆乳を“食べる”新感覚のカップスープ「ごま担々スープ」185円(税抜)が、2月13日(月)から全国のコンビニエンスストアで新発売。

同商品は、女性に人気の豆乳を“飲む”のではなく、“食べる”という新しいコンセプトのカップスープ。濃厚でなめらかな食感の「豆乳具材(レトルト)」と「具入りスープ」を入れ、熱湯を注いでかき混ぜるだけで食べられる。

豆乳を“食べる”のキーワードは、この「豆乳具材」にありそうだ。耳慣れない言葉だが、豆乳を丸美屋オリジナルの配合で固形にしたもので、お湯を注いだときにちょうどよくとろけ、なめらか食感になるのだとか。好みの大きさに崩しながら食べてみて。「豆乳具材」は食べ応えがあるので、おにぎりやサンドイッチと一緒に、小腹が空いたときには単品でも満足できるボリュームだ。

スープは胡麻の風味豊かなコクのある担々スープを豆乳でまろやかに仕上げ、具材には“担々麺”の定番である豚そぼろとチンゲン菜が加えた。カロリーは控えめな130kcalなので、遅い時間に食べても安心かつヘルシー。

新しモノ好きの女子はマストバイ!ぜひ豆乳を“食べて”みて。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。