体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Galaxy S8は5.8インチ、Galaxy S8+は6.2インチで決まりらしい

Galaxy S8 の一部モデル(Galaxy S8 Plus)は 4K パネルを搭載するという噂もありますが、@Evleaks の新しいツイートによると、どちらも WQHD に留まる模様です。一般的に、スマートフォンの QHD 解像度は 2,560 x 1,440 ピクセルを指すので、解像度は Galaxy S7 シリーズから向上していないことになります。具体的なディスプレイサイズは、Galaxy S8 が 5.8 インチ 2,560 x 1,440 ピクセル、Galaxy S8+ が 6.2 インチ 2,560 x 1,440 ピクセルになるそうです。上記のディスプレイサイズと解像度はいくつかの噂の中でも有力視されていた候補だったので、ほぼ噂通りの仕様で出てくると予想されます。別の候補としては、解像度は 2,880 x 1,440 ピクセルに向上するという噂もあります。QHD は 720 x 4 = 2,880 なので、2,880 x 1,440 ピクセルを指している可能性もあります。Source : Twitter

■関連記事
ASUS、ZenFone 4の一部モデルで3.5mmオーディオジャックを非搭載か?
「らくらくスマートフォン4」でGoogle Playストアからアプリをインストールする方法
「らくらくスマートフォン4」のピンクカラーは私の母親からは不評

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。