ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

食べるだけで美腸に!?いつでもラクチン腸活アイテム3選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

腸活してる?!オフィスでもできるラクチン腸活とは?
人間の体の中でとても大切な部分が腸。ここをキレイにすることで健康にも美容にも良いとされています。この腸をキレイにするために行う腸活。この腸活がオフィスでも簡単にできてしまうのです。そんなズボラさんでもできるラクチンな腸活をご紹介します。

腸活ってなに?

まずは、腸活がどれだけ大切なことなのかをご紹介します。

実は腸という部分は「第二の脳」と呼ばれているほど重要な部分なのです。人間にとって腸がとても大切だといわれているのには、きちんとしたワケが。

その理由の1つは人の免疫システムの約70%が、腸に集まっているからだといわれています。この腸をキレイにして活発にしてあげることで、免疫機能をアップさせることにつながるのです。

ラクチン腸活アイテム≪その1≫

腸活がラクチンにオフィスでもできる理由。それは乳酸菌の入ったチョコレートを、おやつとして食べることができるから。これなら美味しくて手軽に腸活さえも楽しむことができますよね。

こちらの『OMBAR(オームバー)』は、ビープルバイコスメキッチンで見つけた、ロンドン発のローチョコレートを製造するブランド。有機カカオを使用して低温で作られたチョコレートは、カカオの栄養がたっぷりそのまま残っています。

また、乳酸菌だけでなく腸内細菌のエサになってくれる、低GI食品のココナッツシュガーが甘味料として入っているため、美味しく腸活するにはぴったり!

カカオの恵みたっぷりなので、仕事をしているときのちょっとした気分転換にも役立ちますよ。

OMBARのチョコレート

ラクチン腸活アイテム≪その2≫

こちらは飲むだけの簡単アイテム。オフィスに常に置いておきたいくらい、安心で安全、優秀な甘酒なのでご紹介します。

シンシアガーデンの『VEGE KITCHEN(ベジキッチン)』シリーズより、すっきり甘酒の新フレーバーが登場です。今度は高知県産の柚子と生姜を使用した、さっぱりとした味わいが特徴のフレーバー。

「飲む点滴」と呼ばれるほど、バランスよく栄養素がたっぷりと入った甘酒に、植物性の乳酸菌を配合。通常の甘酒に比べ、乳酸菌が入ったことで、甘みが程よく飲みやすいのが特徴です。甘酒が苦手、生姜が苦手という方でも飲みやすい、柚子の香りが漂う味わい。

ダイエット中の置き換えに使用したり、体調が悪くて食事を上手くとれない時、忙しくて食事がとれない時などにも活躍してくれるドリンクは、救急箱代わりにオフィスに常備しておきたいですね。

VEGE KITCHENの甘酒

ラクチン腸活アイテム≪その3≫

マヌカハニーを食べたり、飲み物の甘味料はオーガニックの甜菜糖を入れること。どちらも腸内細菌のエサになるため、腸活にぴったりなのです。

しかしどちらも購入するときに気をつけたいことがあります。マヌカハニーは産地がニュージーランドであることを確かめてくださいね。というのもマヌカの木はニュージーランドにしか生息していないからなのだそうです。

また、ラベルなどの表記にUMFやMGOという表記があり、数字がきちんと書いてあることも大切なのだとか。

甜菜糖に関しては、遺伝子組み換えでないオーガニックの物にこだわる方が良さそうです。実は日本で甜菜糖を作ることが難しいそうで、遺伝子組み換えの甜菜を育ててお砂糖にしているところが多いのだそうです。

毎日口にいれるものだからこそ、ここはこだわっておきたいものですよね。

マヌカハニーやオーガニックの甜菜糖

ラクチンな方法で、無理なく腸活を!

簡単にできるラクチンな方法は、身近な生活に寄り添うことのできるアイテム。どのアイテムも取り入れるだけなので、無理せず自分のペースで腸活できるのが魅力です。

この他にも自宅ではホットヨーグルトをデザートとして食べてみるのもおすすめ。自分らしい取り入れ方で、腸活を開始してみてはいかがでしょうか?

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

室内は暑いのに外は寒い。そんな時にオススメの服装アイディア
たった2つを意識するだけ!キュッと引き締まったくびれを実現するコツ
ファイナンシャルプランナーに聞いた、見落としがちな「結婚したあとのお金事情」
アラフォーからの「代謝アップ生活のために必要な15個のこと」~凝り&歪み解消編~
肝臓を温めるだけで代謝アップ!楽するズボラダイエット

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。