ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「息子たちをメシの食える男に」 森昌子流“スパルタ子育て術”

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「あんたは鬼のような母親だ」

そんなコピーがまず目につく本書『母親力』(SBクリエイティブ刊)は、今年デビュー45周年を迎えた歌手の森昌子さんによる一冊である。

森さんの長男はロックバンド・ONE OK ROCKのボーカル、Takaこと森内貴寛さん、三男は同じくロックバンド・MY FIRST STORYのボーカル、Hiroこと森内寛樹さんであることも有名だ。

きれいで優しそうな顔立ちやその佇まいから、「おっとりしている」「優しそう」といったイメージを持っている人は多いかもしれない。ところが、子育てに関してはかなりの「スパルタ」なのだという。

■「スパルタ」だけど子どもを信じ抜く覚悟を持つ

今の世の中において「スパルタ」は好まれない言葉だろう。しかし、森さんの教育方法はかなり厳しく、そして独創的である。

例えば「18歳になったら強制的に独立させる」「兄弟同士でも兄には敬語を使わせる」「門限を設け、それを破ったら家の中に入れない」といった感じである。

これらは、母親に依存せず、年上を敬い、自分のことは自分でするといった、「メシが食える男」に育てるための森さん流の躾なのだ。

その一方で自分の夢を見つけた子どもに対しては、信じてやらせてみる。

13歳の長男が「歌を歌いたい」と言ったとき、森さんは絶句した。自分も歌手だったので、どんなに辛い道のりが待ち受けているかは分かる。

「気持ちは変わらない」という長男に、森さん自身も覚悟を決め、「やってみたら?」と伝えた。すると、長男は「ありがとう」と返し、満面の笑みを浮かべた。

森さんが決めた覚悟は「わが子を最後まで信じて付き合うこと」。どんなことがあっても、わが子を最後まで信じてあげるのは親しかいない、そう気持ちを新たに強くしたという。

■本の中で明かした子育ての3つの信条

そんな森さんは本書の中で、子育ての3つの信条を明かしている。

躾…社会に出たときに先輩方に可愛がってもらい、いろんなことを教えてもらうために最低限必要な礼節を身につけさせる。

経験…あえて失敗を経験させる。また、幼少期に習い事を通してさまざまな経験をさせる。

独立…自立させるため、18歳になったら強制的に家から出して独立させる。

(『母親力』P207より引用)

「おまえは鬼のような母親だ」と、森さんの母親から言われるほど。しかし、教育やしつけに関して、夫婦のバランスはうまくとれていたという。母親が子どもたちに厳しく言う役なら、父親はフォロー役というように。夫婦で力を合わせて誠心誠意、子どもたちと向き合ってきた。

教えられることはすべて教え、息子たちが独立し、せいせいしているという森さん。ただし、「なにかあったときは、世界中を回しても、私だけは息子たちの味方につくつもりです」と述べる。

スパルタ子育て術というだけあり賛否両論もあるだろう。しかし、子どもたちに対する愛が強く感じられる本書は、母親だけでなく父親も読むべき一冊だろう。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

「人生にムダはない」 93歳作家・佐藤愛子をつくってきた言葉とは?

中村うさぎとマツコ・デラックスに質問した。「読書って本当に必要ですか?」

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。