ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

たった2つを意識するだけ!キュッと引き締まったくびれを実現するコツ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

たった2つを意識するだけ!キュッと引き締まったくびれを実現するコツ
キュッと引き締まった美しいくびれは、女性らしいボディラインの象徴。「なんだか胸から腰にかけてまっすぐになってきた・・・」という場合は、たった2つのことを意識して過ごしてください。習慣にすることで、くびれを実現・維持することができますよ。

ポイントは「呼吸」と「姿勢」

キュッと引き締まったウェストラインを実現するために鍛えるべきは、お腹を引き締めるインナーマッスル。中でも、呼吸を工夫することで刺激しやすい「腹横筋」が重要です。呼吸で大きく動かし、引き締めていくことで、ウェストサイズをギュッと絞りましょう。

<腹横筋を鍛える呼吸法>
1.椅子に座り、背筋を伸ばす 
※頭をUFOキャッチャーでつられているようなイメージで、お腹の位置を胸に引き上げるように背筋を伸ばしましょう。あごは引いて、胸を張ります。

椅子に座るイメージ
2.両手をお腹に添える
※呼吸による筋肉の動きを感じ取るためです。最初のうちはしっかり動かせているかを確認しながら進めましょう。

3.お腹を凹ませながら、3〜5秒かけて鼻から息を吸う

4.ゆっくりと口から息を吐きながら、お腹を背中にくっつけるようなイメージで力を入れて凹ます
※お腹の前の部分が硬くなるのを確かめましょう。硬くなるまで、しっかりと力を入れます

目標は、20秒力を入れ続けること!

最初のうちは、お腹に力を入れることに意識がいってしまったり、短時間にたくさん息を吐きすぎて苦しくなってしまったりすると思います。

まずは、3 〜5秒程度息を吐き出し続けて、お腹を硬くするところから始めましょう。10秒、15秒と少しずつタイムを伸ばしていき、最終的にはゆっくりと20秒くらいかけて、お腹をぎゅ〜っと絞るようにしていきましょう。

お腹に意識をするイメージ
続けることで、呼吸の仕方や力の入れ方のコツがわかってきます。筋力がついていくことで長く続けられるようになるので、最初は「今できる」秒数からスタート。1〜2週間スパンで目標を伸ばしていきましょう。

立っているときでも、寝転がっているときでも、同じ方法でお腹を引き締めることができます。呼吸と姿勢を意識するだけの簡単トレーニング。美しいウェストを実現するのにぴったりのエクササイズなので、ぜひ毎日の習慣にしてくださいね。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

ファイナンシャルプランナーに聞いた、見落としがちな「結婚したあとのお金事情」
アラフォーからの「代謝アップ生活のために必要な15個のこと」~凝り&歪み解消編~
肝臓を温めるだけで代謝アップ!楽するズボラダイエット
体重増加が止まらない!これ以上太らないためのツボ&経絡ストレッチ
どうしても忘れられない!つらい失恋を乗り越える方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。