ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ

速度違反は1km/hでもオーバーしたらNG。道路交通法に「最高速度を超える速度で進行してはならない」と定められています。しかし、警察の速度違反の取り締まり件数を速度別で見ると、何km/hオーバーから速度違反の取り締まりが行われるかの傾向が見えてくるのです。

速度違反は何km/hオーバーから?

交通安全白書によれば、交通違反の取り締まりで一番多いのが最高速度違反。じつに道路交通法違反の取り締まりの25%を占めています。ちなみに、二番目に多いは一時停止違反で19%、三番目は携帯電話使用等違反で15%ほどです。

全体の4分の1を占めるほど取り締まりが行われている速度違反は、事故に直結するだけに警察も力を入れています。一方で、意外に多いのが一時停止や携帯電話の違反。くれぐれも注意したいところです。

それでは、速度違反は何km/hオーバーから取り締まりが行われるのでしょうか? これも警察庁が作成した資料から読み解くことが可能です。少し古いデータですが、2012年度の速度違反の取り締まり件数は2,221,120件でした。

15km/h未満の速度違反はほぼゼロ

このうち、速度違反の内訳を違反行為別に見てみると、15㎞/h未満はわずかに40件だけ。それが15km/h以上20㎞/h未満になると715,420件、20km/h以上25㎞/h未満は802,358件となるのです。

比率でいえば、15km/h未満の速度違反はわずか0.002%。ほとんどゼロといってよいでしょう。それが15km/h以上20km/h未満で32%、20km/h以上25㎞/h未満で36%。15km/h以上25km/h未満で、全体の3分の2以上を占めていることになります。

ちなみに、それ以上の速度違反は25km/h以上30㎞/h未満は395,015件で18%、30km/h以上50㎞/h未満は284,051件で13%、50㎞/h以上は24,236件で1%という数字。25km/h以上の速度違反で全体の3分の1といったところでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。