体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

時間をかければトロトロに! 牛すじ煮込みで今夜も一献

f:id:uralatokyo:20161217152954j:plain

土日の休みに外出して気分転換するのもいいけれど、今週末はあえて時間をかけて牛すじを煮込んでみようと思う。

なぜなら仕事とか人間関係とか、がんばっても成果が出ないとか、うまくいかないことも多い世の中、牛すじは時間をかけてコトコト煮込めばちゃんと応えてくれるから!

しかも、出来上がってから食べられるし酒のつまみにもなる。

家でひたすら牛すじを煮込むというのも、ひとつのストレス発散アクティビティーなのではないか……とゆきちゃめゴンは思う。

そんなわけで、今回は牛すじです!

おいしく調理するコツは、下準備に時間をかけること。そこさえ押さえれば、あとは煮込むだけでトロトロのおいしい牛すじ煮込みが出来上がります。

まずは下処理から

f:id:uralatokyo:20161217153805j:plain

牛すじは牛のアキレス腱なのだそうです。だから、モツではないのだけどやっぱり固いし、下処理には時間がかかります。

今回は冷凍を使いましたが、生の場合はまず水で洗いながら血や汚れを落とします。そして、煮込みます。

f:id:uralatokyo:20161217153935j:plain

ある程度煮込んでアクや汚れが出てきたら、牛すじを洗い、一度水を変えます。

f:id:uralatokyo:20161217154157j:plain

そして、一口大に切った後、さらに煮込んでいきます。

このとき、オプションでネギの青いところや生姜のスライスを入れると臭みがとれてなお良し。

あとは、アクを取りながら、

……

ひたすら、ひたすら、弱火で煮ます。

……

そう、3時間ぐらい。

f:id:uralatokyo:20161217154338j:plain

固くて包丁で切るのも大変で、これって食べれるようになるのだろうか!? と思っていた牛すじですが、3時間後こんな感じに。

トロン、プルン。

下処理はこれで完成!

居酒屋さんの牛すじ煮込みを作ってみる

下処理ずみの牛すじが用意できたら、あとは味を付けて煮込むだけです。

まだ煮込むの? とお思いでしょうが、はい、まだ煮込みます。

f:id:uralatokyo:20170123234926j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会