ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

そうだ、猫飼いの家を作ろう -feles1-

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

この度、猫飼い仕様の賃貸併用住宅「feles:フェレス(ラテン語で猫)」を建てることとなりました、物件オーナーの飯田です。よろしくお願いします。一介の会社員、しかも独身女性である私が、一念奮起して家を建てていくわけですが、その過程は結構いろいろありまして、布の服と棍棒でフィールドに出た感じ。そう、気分は「さあ、冒険の旅に出よう」。次々にスライムのように現れる問題(相続、大量の物の処分、介護、お金などなど)と向き合っていくこととなります。

という感じなのですが、にゃんこマガジンですので、猫成分を薄めないために、まずは愛猫を紹介します。
suu1

好(スー) 女子 約8歳

従姉妹が保護し、我が家に迎えたサビ猫。猫好きの実父に認知が始まってきたころにやってきた。私にとっては初めての飼い猫。キリッとした外見で男の子と言われることも多かったが、性格は女の子らしく、賢い。友人たちの評価は「おしとやか」。
akira2

晧(アキラ) 男子 約2歳半

生後すぐに近隣の家の物置下で必死に鳴いていたところを、胎盤をつけたままの状態で保護。救急病院→約2カ月の入院を経て我が家に迎える(手放せなくなった) 腎臓疾患持ち。性格は甘えん坊で末っ子気質。マザコン。生まれつき尻尾が短く、幼少時の呼び名は「ハムケツ・チビスケ」。

猫と暮らす日々が楽しくて、「猫とずっと一緒に暮らしていきたい」「猫と暮らすことは幸せ」という思いから、”猫飼いの家を作る”に至るわけですが、そもそも私に不動産の知識などは全くなく、何から手をつけていったらいいか判らない。そんな状態からスタートしています。

この度、ご縁あってコラムを書かせていただくこととなりました。特に実家問題については、同じような問題を抱えている人は多い、というご意見もいただきました。今回の経験がどなたかのお役に立つことがあれば幸いです。

2017年2月初旬現在の状況。

→本業の修羅場をようやく終えたところ。これから仮暮らし先への引っ越し。
修羅場中は「私。この仕事が終わったら有給取るんだ」とフラグを立てまくってました。

(つづく)

著者:飯田香

The post そうだ、猫飼いの家を作ろう -feles1- appeared first on にゃんこマガジン.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
にゃんこマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。