体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【大人が出逢う、東京古着】吉祥寺のgarnishで過ごす、フルコースな1日

—「きみが歌うクロッカスの歌も新しき家具の一つに数えんとする」寺山修司

2017年の古着初めに選んだお店は、私自身も初めて訪れるお店だった。
インスタグラムに投稿されるアイテムたちがどれも素敵で、
つい、袖を通した後の自分を思い浮かべてしまう。
セレクトされているもの1つ1つから放たれる、溢れんばかりの魅力。
いつか行ってみたいと思い続けていたお店だった。


カシミヤコート¥18900+tax

ファッションそのものが、想像と冒険であるように、内から外へ。
上着を着て、井の頭線に揺られ、想像の世界から冒険へ。着駅は吉祥寺。
終点っていうのもまた、物語めいていて嬉しい。
上京したての頃、よく井の頭公園に来ていた。
ボートに乗って水の流れに身を任せたまま、宵待ちをする。
夕焼けを見るために電車に乗るなんて、東京に来ないと、多分しなかった。
これまでの自分がしなかったことと知らなかったこと。
「人生は冒険から」という詞に背を押されて上京したわたしは、
仕事に就いて、結婚をして、母となった今もずっとそういうものを探している。
思い出と並走しながら目的地を目指していた。

公園、商店街、映画館、デパートも電気屋さんもある。劇場、喫茶店、昔ながらの惣菜屋さん…。
吉祥寺は、東京の中でも屈指の“歩いてるだけで楽しい街”だ。
だから、物理的には駅から徒歩7分だけど、体感時間は1分で着く。
中道通りに佇む、「garnish」。10周年を迎えたという。

お店に入った瞬間、一瞬にして悔やまれた。
「なんで知らなかったんだろう!」

1950〜70年代の物を中心に、アクセサリや子ども服、レディース、メンズと、目を奪うアイテムたちが、縦に伸びる絵のようにひしめきあっていた。
あれ可愛い、これも着てみたい、これは夫に似合うんじゃないか、娘には少し大きいけど、大きくなるまで待とうかな。
どのフロアでも、つい長く立ち止まってしまいそうになる。

甘いピンクのショート丈のカーディガン、味も品も兼ね備えたレザー、総レースのワンピース、1点もののアクセサリ。
思わず、10年分損した気分になってしまった。
知らないものを探し続けているのは、こういう、流れた時間が悔しいくらいの素敵な出逢いがあるからなのだけど、でも!
夏目漱石がI love you を「月が綺麗ですね」と訳した逸話はあまりにも有名だけど、今のわたしならこう訳す、「もっと早く会いたかった!」 

一人心の中で悔しがるわたしを優しく迎えてくれたのは、
オーナーの菅原太一さんとりえさん。見るも素敵なご夫婦だった。
太一さんは、元々、「DEPT」のスタッフさんだったという。
一時代のカルチャーを築いたと言っても過言ではない伝説のお店だ。
夫婦でお店を始めるなんて思ってもみなかったと、笑いながら話す太一さん。

1 2 3次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。