ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

1日1回2個まで!この食べ方ならお餅を食べても太らない!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
1日1回2個まで!この食べ方ならお餅を食べても太らない!

お正月に大量に購入したお餅がまだ残っている。朝ごはんにお餅で消費。そんな人が結構いるようです。古くは、農耕民族である日本人が神様からのご加護を祈り、その年の無事と繁栄を願って食べられたお餅。とはいえカロリーが高いので、太っちゃうからと気にしている人も多いはず。でもお餅の特徴を知って、食べ方にこだわれば、お餅をヘルシーに上手に食べることができちゃいます。

お餅の個数は1日1回2個までと決める!

もち米を凝縮して作るお餅は、ご飯よりもカロリーは高め。ご飯1杯が240kcalなのに対して、切り餅は1個120kcal程度。切り餅2つでご飯1杯分と同じカロリーなので、4つも5つも食べてしまうとカロリーオーバーになってしまいます。いくら美味しくても、1回の食事で切り餅2個までにとどめておきましょう。お餅が太りやすいイメージがあるのは、ご飯よりもGI値が高いからです。お餅だけを食べると、血糖値が急激に上がり脂肪を溜め込みやすくなります。また、ご飯よりも腹持ちが良く、消化に時間がかかるので、毎食食べると胃腸に負担が掛かります。お餅を食べるのはは1日1回にしておいた方がいいでしょう。

太らないお餅の食べ方はやっぱり「和風」アレンジ

確かにお餅はご飯よりも太りやすいと言えますが、せっかくのお正月なのだからお餅を楽しんで食べたいもの。太りたくない方は、次のような工夫をして食べましょう。

○野菜をたっぷり入れて満腹感を演出!

お雑煮は野菜をたっぷり入れて食べれば、ビタミンも取れて栄養バランスが整います。食物繊維もたくさん摂れるので、お通じにも◎。お餅を先に食べると血糖値が急激に上がってしまうので、その欠点を補うためには、まず野菜から食べるようにすると効果的です。柔らかく煮たお餅は、するすると食べられてしまいますが、満腹感を感じるまでに時間がかかるので、ゆっくりと良く噛んで食べるようにしましょう。

○海苔を巻いた磯辺焼きならミネラルが豊富

海苔にはたった1枚で十分なビタミンやミネラルが含まれています。20㎝角1枚で1kcalと低カロリーなのも魅力です。海苔の食物繊維には糖分の吸収を緩やかにする働きがあるので、お餅との相性が抜群。ビタミンA、B1、Cといったビタミンも豊富です。

○大根おろしや納豆と一緒にからみ餅

大根には消化酵素のアミラーゼが豊富に含まれます。アミラーゼには熱に弱い特徴があるので、生のまま大根おろしにして、たっぷりお餅にまぶして食べましょう。アミラーゼは特に炭水化物の消化を助ける酵素です。血糖値の急上昇を抑える働きもあるので、お餅にはピッタリですね。また、納豆にはビタミンB1は糖質の代謝をスムースにする働きがあります。

お餅も特徴を知って食べればダイエット中でも大丈夫。お餅チーズ、お餅ピザなど洋風アレンジが美味しいのはわかりますが、やっぱり和風アレンジの方が健康的で、いろいろな栄養素を摂取することができるのです。お餅を楽しめる季節もあと少し。ヘルシーに食べてくださいね。

writer:サプリ編集部

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。