ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

乳幼児や子供がかかりやすい?ロタウイルス胃腸炎って一体なに?

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

乳幼児や子供がかかりやすい?ロタウイルス胃腸炎って一体なに?
胃腸炎というと、ノロウイルス、ロタウイルスという名前がよくあげられますが、それぞれ名前は聞いたことがあっても、どんなものかはピンとこないという方も多いのではないでしょうか?

とくにロタウイルスは子どもが感染しやすいものなので、お子さんのいない方には耳慣れないかもしれませんね。
しかし、この時期はノロウイルス同様注意が必要です。

ロタウイルス胃腸炎の症状は?

ロタウイルスによる胃腸炎に感染すると、下痢やおう吐、お腹の痛みなどが現れます。 下痢やおう吐といった症状は激しくなることも多く、便は白っぽい下痢便になることが知られています。

また、例えば同じように冬に流行しやすいウイルス性胃腸炎の原因ウイルスであるノロウイルスなどと比較しても、症状が重くなりやすく、熱が出る可能性も高いといわれています。解熱後も、症状がしばらく続き(長ければ2週間程度続くこともあります)、そのまま症状が消失していく、といった経過をとることが多いと考えられます。

ただ、下痢やおう吐をはじめとした症状が激しいだけに、脱水などを起こすこともあり、特に抵抗力がまだ強くないお子さんなどのケースでは、死に至る可能性もありますので、十分な水分補給と、早めの診断は大切なことですね。

ロタウイルス胃腸炎の好発年齢

ロタウイルスによる胃腸炎の一つの特徴は、その好発年齢にもあります。例えば前述のノロウイルスや、冬の感染症として話題になることの多いインフルエンザなどは、大人にも子供にも感染しますが、ロタウイルスは小さなお子さんに感染しやすいという特徴があります。特に、0~2歳くらいの、まだ抵抗力の低い年齢で発症しやすく、多くのお子さんが5歳くらいまでに一度は感染するようです。

身体が小さいお子さんに発症しやすい、症状が激烈な胃腸炎だけに、もしかかってしまったら、十分な水分補給をはじめとする手厚いケアが必要になってきます。

ロタウイルス胃腸炎の原因ウイルスとその特徴は?

胃腸炎の原因となる、ロタウイルスとはレオウイルス科に属するウイルスであり、2本鎖RNAウイルスに分類されます。A~G群の6種類に分類され、このうち、人間を宿主とするのは主にA、B、C群の3種類と考えられています。

ロタウイルスは経口感染によって感染し、ロタウイルスに感染すると、24~72時間の潜伏期間を経て、おう吐や下痢、発熱やおなかの痛みなどの症状が出現し、髄膜炎やけいれんを起こすといった中枢神経系の問題を起こすこともあります。

ロタウイルス胃腸炎の予防には手洗いが第一!

ロタウイルスは経口感染するウイルスなので、 予防方法として重要なのはやはり手洗いです。

また、感染者の吐物や便が感染源となりやすいので、特にお子さんを看病をする場合などは、例えばおむつを替えるときには使い捨ての手袋を使用する、おむつや吐物を処理したペーパータオルや布などはビニール袋などに入れて密封して廃棄するといった心がけが大切です。

医師からのアドバイス

ロタウイルスは特に小さな子供さんのいるご家庭にとって、もらいたくない、かかりたくないウイルスの一つです。十分に注意し、かかってしまった場合も感染を広げないように注意しましょうね。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

子どもを「お腹の風邪」から守るためにできること
換気して室内に入ってきた「外の空気」って、本当にキレイなの?
免疫力UPによい運動法とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。