ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

L.A.の“イケイケなインディーレーベル”をチェック!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

L.A.の“イケイケなインディーレーベル”をチェック!
J-WAVEで放送中の番組「MUSIC HUB」(ナビゲーター:小袋成彬)。2月10日(金)のオンエアでは、「Stones Throw Records」というアメリカのインディレーベルを特集しました。

「Stones Throw Records」は、小袋によると、ロサンゼルスを拠点とするHIP HOPを中心としたレーベルだそう。歴史もあり、著名なアーティストも数多く輩出しているため「イケイケなレーベル」なのだとか。

番組では「NxWorries(ノー・ウォーリーズ)」「Mndsgn(マインド・デザイン)」「Tuxedo(タキシード)」「Gabriel Garzón-Montano(ガブリエル・ガルソン・モンターノ)」というアーティストの楽曲を流し、「Stones Throw Records」について紹介。小袋は、このレーベルの「立ち上げ」についても話しました。

創業者の名前が「ピーナッツ・バター・ウルフ」という変わった名前で、本名ではないそうですが、その名前の由来は「付き合っていた彼女の末っ子の男の子が『死ぬことよりもピーナッツ・バター・ウルフが怖い!』と言っていたのがおもしろい、ということで自分がピーナッツ・バター・ウルフを名乗ったんです」というエピソードがあるそう。

そんなピーナッツ・バター・ウルフは、カリズマ(Charizma)というラッパーとコンビで作品を制作していたそうで「いよいよリリースだ!」というときに、若干20歳のカリズマが自動車強盗で射殺されてしまったのだとか…。そのため作品がお蔵入りになってしまったため、悲しみを引きずりつつも自らレーベルを立ち上げようと決意し、1996年に「Stones Throw Records」を立ち上げたそうです。

ちなみにカリズマとピーナッツ・バター・ウルフが作っていたアルバムは、2003年に「Big Shots」というタイトルでリリースされ、現在、Apple musicでも扱っているそうで、小袋は「エモーショナルな部分があって、すっごいおもしろいんですよね」とオススメしていました。ぜひチェックしてみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「MUSIC HUB」
放送日時:毎週金曜 24時30分−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc0/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。