ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『アメリカン・アイドル』がNBCで復活?米誌が報じる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『アメリカン・アイドル』がNBCで復活?米誌が報じる

放送終了からまだ1年経っていない米オーディション番組『アメリカン・アイドル』が、従来のFOXとは別のテレビ局で復活するかもしれない。

『Variety』誌のスクープによると、同番組の制作会社フリーマントルメディアが現在、この大御所的な歌唱オーディションシリーズを復活させるべくNBCと交渉しているというのだ。同誌の情報筋によれば、フリーマントルメディアは『アメリカン・アイドル』新バージョンの引き受け先となるテレビ局を探し回っており、NBCがその有力候補として浮上しているらしい。ただ、交渉はまだ始まったばかりであり、NBCとしては話を進める前に、このリアリティシリーズを現行の放送スケジュールにいかに組み込むかを検討しなくてはならないと、『Variety』は強調している。

『アメリカン・アイドル』は、FOXでの15シーズンにわたる放送を2016年4月に終え、最終シーズンの平均視聴者数は910万人だった。これは、かつてテレビ番組のナンバーワンとして君臨していた頃の3,600万人という途方もない視聴者数に比べれば、遠く及ばない。とはいえ、し烈さを増している今日のテレビ界の状況を考えると、必ずしも侮れない数字なのである。

ともかくFOXは手を引いたわけだが、同番組の司会者を長年務めていたライアン・シークレストは放送終了前、『アメリカン・アイドル』がいつか復活する可能性を示唆していた。シークレストが最終エピソードの放送で、恒例のエンディングのセリフを「では、さようなら・・・しばらくは」とアレンジしたことは周知の事実なのだ。

このシークレストの予言が今、現実のものになろうとしているようだ。しかし、『アメリカン・アイドル』がNBCの放送スケジュールにどう収まることができるかは、定かではない。同局はすでに最大のライバル番組『ザ・ヴォイス』を放送しており、両者とも抱えてしまう状況は異様だろう(『Variety』によれば、NBCは『ザ・ヴォイス』の放送サイクルを年2回から年1回に移行することを検討しているという)。またNBCは他にも、『アメリカン・アイドル』の審査員だったサイモン・コーウェルがプロデューサーを務めるオーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』、そして同じく『アメリカン・アイドル』の審査員だったジェニファー・ロペスが制作総指揮を務めるダンスコンペティションの新番組『World of Dance』(原題)といったリアリティシリーズを持っている。こうした類似のコンテンツがひしめく中、同局の番組表はさらに混み合うことになるだろうか。

果たして交渉がどのような結果を迎えるか、続報をお待ちいただきたい。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

『アメリカン・アイドル』がNBCで復活?米誌が報じる

リサ・フランクのカラフルな世界が実写とアニメを融合した映画に!

不動産王から大統領に・・・トランプ大統領の食生活はどんな感じ?

25歳未満の人材のみしか募集していないドバイの謎のスタートアップ

グラミー賞についてあなたが知らないかもしれない6つのこと

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。