ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

加齢で減らない?!ミラクルホルモン「アディポネクチン」に注目!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
加齢で減らない?!ミラクルホルモン「アディポネクチン」に注目!

セロトニン、オキシトシンといったハッピーホルモンや綺麗や健康を維持するために必要な成長ホルモン、女性の美に不可欠な女性ホルモンのエストロゲン、食欲を抑制するホルモンのレプチンなどいろいろなホルモンとその働きが知られるようになっていますが、アディポネクチンというホルモンをご存知でしょうか?

減量、アンチエイジング、生活習慣病のリスクを軽減させる奇跡のホルモンとして今最も注目されているホルモンと言っても過言ではありません。

アディポネクチンの基礎知識

アディポネクチン。聞きなれないという人もいるかもしれませんが、このホルモンは1995年に日本人の研究者によって発見されたホルモンです。脂肪細胞から分泌されていて、血糖値を一定にしたり、脂肪燃焼を促したりするために働いています。また老化の原因の一つが体内で起こっている「炎症」」であり、この炎症が進んでいる人ほど老化も進んでいることが解明されていますが、アディポネクチンはこの炎症を鎮める作用を持っていることが報告されています。2000年代に入ってからもアディポネクチンの嬉しい作用は続々と報告されていて、今後の研究にも期待が集まっています。

太っている人になぜか少ないのがアディポネクチン

アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されるのに、なぜか太っている人のアディポネクチンの値は標準の人に比べて少ない傾向にあり、特に内臓脂肪値が高い人のアディポネクチンの値は極端に低いことが報告されています。逆にアディポネクチン値が高い人ほど血糖値が安定していて健康的でスリムな体型を保っている傾向にあるというのです。

さらにアディポネクチンには長寿の鍵もあるのではないかと考えられています。というのも、長寿の人たちの血中アディポネクチンの値は、若年層と比べても2倍高い傾向にあるという研究報告もあるからです。嬉しいことは、加齢で減少する体内成分が多い中で、アディポネクチンは加齢では減らない可能性があることです。

アディポネクチンを高める食材と生活

アディポネクチンは魚に含まれる魚油(オメガ3脂肪酸)、食物繊維の多い雑穀や玄米、大豆食品、緑茶、海藻、色の濃い野菜や果物柑橘類、最近話題のウコンなどの食品摂取で高まるのではないか、と研究されています。また適度な運動によっても高められることが報告されています。やはりヘルシーな食習慣や生活週間はどんな角度からも健康を実現させてくれるのですね。一方、肥満、メタボ、糖尿病などでアディポネクチンは低下するようです。

最近は自費治療(3000円〜4000円程度)ではありますが、血液検査で簡単に自分のアディポネクチン値を測定することができるようになっています。1年に一回程度の計測で自分の健康管理に役立てるのも良いかもしれません。

writer:サプリ編集部

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。