ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

オーストラリアで15%もかかる「バックパッカー税」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

オーストラリアで15%もかかる「バックパッカー税」
J-WAVEで放送中の番組「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「TOKYO ZEIRISHIKAI PERCENT WORLD」。このコーナーでは世界や日本の気になるニュースに「%」という角度から真相に迫ります。2月10日(金)のオンエアで紹介した数字は「15%」。

15%という数字は、オーストラリアの「バックパッカー税」の税率です。バックパッカー税は、オーストラリアにワーキングホリデーで滞在する外国人を対象にした税金のこと。これまではワーキングホリデーで働く人たちについては、年間の収入が約154万円までであれば、税金を払う必要がありませんでしたが、昨年11月、ワーキングホリデーで働く人の収入に、15%の税金を課税する法律がオーストラリアで可決されました。

15%もかなり大きいですが、当初は「32.2%」という税率で検討されていたそうです。しかし、ワーキングホリデーで労働力を確保している農場やユースホステルの経営者らが反対し、最終的には、半分以下の15%で導入に踏み切り、今年の1月から税金の支払い義務が生じています。

オーストラリアには年間20万人がワーキングホリデーで訪れると言われており、日本も1980年からオーストラリアでのワーキングホリデー制度がスタートし、述べ40万人が経験したことがあるポピュラーなものとなっています。果たして、この「バックパッカー税」導入により、ワーキングホリデーを利用する人数にどれだけ影響が出るのでしょうか? 注目です。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」
放送日時:毎週金曜 6時ー11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。