ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ニューヨーカーもダシの味がわかってきた。癒しの和食、次のトレンドは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ニューヨーカーの味覚は日本人に近づいてきている。和食の次のトレンドは?
世界中で日本食は美味しいという認識が確立した現在、スシ(日本の寿司とはかけ離れているものもありますが、今や主だった国で食べられます)、しゃぶしゃぶ、本格的和定食、てんぷら、焼き鳥、焼肉などほとんどの和食は、ニューヨークで食べることが出来ます。空前のラーメンブームが巻き起こり、マンハッタンから、ブルックリン、クイーンズと次々にラーメンの新店が開いては、淘汰されていきました。

そしてまた、新たな日本食が流行り始めています。

ニューヨーカーはダシの味が分かってきている

ニューヨーカーの味覚は日本人に近づいてきている。和食の次のトレンドは?
世界のほとんどの料理が鶏や牛の骨脂や野菜でスープストックを作り、旨味やコクを出します。昆布、かつおぶし、あごだし、干し椎茸を使ってダシを作り、旨味にこだわるのは日本だけだそうです。日本食を研究するシェフたちから広まった”Umami(旨味)” “Dashi(ダシ)”は浸透して、今や一般的に使われるほど。

LA発のハンバーガー“UMAMI BURGER” は旨味に着目し、旨味成分にこだわったハンバーガーを作った結果大成功。2017年3-4月には、日本にも登場。旨味の再上陸とも言えるでしょう。

ニューヨークのカリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ(C.I.A)は、外食界の最高峰を目指す未来のシェフが集まる専門期間。C.I.Aでも、旨味レクチャーが定期的に行われているほどです。

和食トレンド1 うどん

ニューヨーカーの味覚は日本人に近づいてきている。和食の次のトレンドは?
ラーメンブームが落ち着いてきて、ダシの旨さが分かってきたニューヨーカーは和風の麺類を好むように。

有名店Union Square Cafe(ユニオン スクエア カフェは移転)のあった場所にオープンしたのが、関西風高級うどんのつるとんたん。大きな器に入ったうどんは、「日本のものは小ぶり」という概念を覆しました。お値段はお高め。

つるとんたん Tsurutontan

2016年8月オープン
■住所:21 East 16th St, New York, NY 10003

メニュー 

和食トレンド2 そば

ニューヨーカーの味覚は日本人に近づいてきている。和食の次のトレンドは?
(C) Hideyuki Tatebasyashi

対して、Fluffy(フラッフィー、ふわふわしたの意)なうどんよりもおそばがクールというおそば派。昔はソーホーに、Honmura An(本むら庵、東京荻窪が本店)という、坂本龍一氏、オノヨーコ氏など著名人が通う高級蕎麦屋さんがありました。

昨年出来た「生そば あずま」は、ニューヨークの蕎麦屋は値段が高いという既成概念を覆した、良心的な価格で美味いそばが食べられる店。しかもそばが3玉まで同額で頂けます。注文する時、Sが1玉、Mが2玉、Lが3玉です。上記写真は3玉で、二人で頂きました。そばつゆはキリッとした関東風、おそばをいただいた後にはそば湯も出してくれます。

味覚の近い韓国人、台湾人、中国人のアジア人のみならず、欧米人も多く訪れていました。器用に箸を操り、音を立てずに(欧米では食事中の音はマナー違反にあたる)上手に食べていましたよ。

生そば あずま Soba Noodle Azuma 55

2016年3月オープン 蕎麦が3玉まで同額。お代わり可。 カジュアルに食べられる。
■住所:251 W 55th St, New York, NY 10019

日替わりランチ $11.50は、マンハッタンではかなり安い

味噌汁ファンのニューヨーカーも多い

ニューヨーカーの味覚は日本人に近づいてきている。和食の次のトレンドは?
良いダシを使った味噌汁は、Miso Soup(ミソスープ)と呼ばれ、健康のために毎日食する人も多いです。ニューヨークでは、白味噌を使う人が多いですが、赤味噌ファンのニューヨーカーもいます。「シジミのお味噌汁は身体に良いから、自宅で作るのよ」と通な味噌汁ファンの声も聞きました。シジミは冷凍でニューヨークでも購入可能。インスタント味噌汁を使う人もいますが、味噌そのものを買って、本格的に自宅で料理する人も多いそうですよ。

茅乃舎(かやのや)のダシも、アメリカで買えるようになりました。在住の日本人のみならず、アメリカ人のニーズも高いようです。茅乃舎ファンとしては、嬉しいですね。

ダシに癒されたいニューヨーカー

ニューヨーカーの味覚は日本人に近づいてきている。和食の次のトレンドは?
ニューヨーカーからは、こんな声が聞かれました。

「冬に温まるそばやうどんは大好き。スープ(ダシをとったつゆ)は、ハートウォーミングな味。」

「ハンバーガーやピッツアがくどくて飽きた時、あっさりとしたお蕎麦が食べたくなる。」

「スープ(ダシをとったつゆ)は美味しい。Bento Box(お弁当)やDonburi(丼)に添えて食べるのが好き。」

「ラーメンはしつこいけど、うどんや蕎麦はヘルシーな感じ」

「鍋焼きうどんや、きつねうどんは美味しい。大好きだよ。」

「つるとんたんは、明太子クリームやうになど目新しいメニューだね。」

「あずまは、スパイシーなスープにつけて食べるそばなど、バリエーションがあって楽しい。日本食とスパイシーのコラボね。」

ニューヨークは各国から人が集まる街。国は違っても、心休まるダシをベースにした和食に惹かれているよう。私たちがダシの味にホッとするように、ニューヨーカーも癒しの味を求めているのです。

[Photos by shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
非公開: 天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。