体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

不気味なドット絵世界をさまようADV『The Count Lucanor』少年は伯爵になるべく城の試練へと挑む

今回は、昨年11月24日に日本語が公式に追加された、ドット絵で表現されたアドベンチャーゲーム『The Count Lucanor』を紹介。インディゲームデベロッパー「Baroque Decay」が手がけ、ゲーム配信プラットフォーム「Steam」にて980円で販売されている。

image03
 
本作は『ゼルダの伝説』、『ゆめにっき』、『サイレントヒル』に影響を受けて制作され、不気味な世界観から「ホラー」とタグ付けされてはいるが、ホラー耐性「0」の筆者でもクリアできたおすすめゲームだ(一部グロテスク表現は存在する)。ゲームを進めるたびに謎が深まる物語や、マルチエンディング制も特徴となっている。

image00
 
主人公は「ハンス」という少年。彼の家は貧しく、父親は戦争に行ってしまい、母一人子一人の生活をしていた。物語は、早く大人になりたいと願う少年が10歳の誕生日を迎えるところから始まる。早く大人になりたいとは思うものの、まだ子供だ。

ある日、ハンスは家に帰るなり母に誕生日プレゼントやケーキをねだる。しかし、自分の希望とは異なる母からの返答に、少年は怒り家を出る決意をするのであった。

image09
 
貧乏に嫌気が差し、探検家や王子様になりたいんだと言い放った少年に対し、心配し優しく母は語りかける。そして、叔父の形見である「杖」、なけなしの財産である「金貨」、食料の「チーズ」を手渡す。少年は愛犬に別れを告げて森へ目指す。

行く先で出会う怪しげな人たちからの要求

image08
豚にとってはこのままじっとしていた方が良さそうだ
 
このおばあさんは、市場へ豚を売りに行く途中で「杖」を壊してしまって困っているらしい。少年の手には、母から渡された叔父の形見の杖がある。「くびつりの森」と名付けられた物騒なこの森で、おばあさん1人で夜を迎えさせるのは心配だ。このまま見捨ててしまうのはどこか胸が痛む。

image06
 
森を抜けると、「のろわれた峡谷」に出る。そこで、またしても困っている人と出会う。この商人は品物を運んでいたところ荷台が壊れてしまって立ち往生しているようだ。荷台を直すために金貨を欲しがっている。家にある全ての金貨を賢く使いなさいと母に言われたが、渡された金貨をどう使うかはプレイヤー次第。

image01
ヤギ飼いは腹を空かせてチーズを欲している
 
困っている人を見捨てず、無償の愛で救っていくのも良し。優しく気をかけてくれた母からもらったアイテムを大事に残しておくのも良し。この他にも、選択を迫られるシーンがいくつかある。あなたが取った行動が正しいか間違っていたかの判断は、ご自身の目で見届けていただきたい。

少年が目覚めると、そこは歪んでいた

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会