体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Shogi de Chocolat(将棋デショコラ)』日本将棋連盟認定チョコなら将棋男子のハートもきっと掴めるはず!

「将棋」というと、中高年の娯楽ゲームというイメージがないだろうか。そんなことはない。2017年2月現在、NHKで放送中のアニメ「3月のライオン」など、若い人にも将棋は静かなブームを読んでいる。そしてバレンタインデーを控えた1月末、一心堂本舗から将棋の駒型チョコ『Shogi de Chocolat(将棋デショコラ)』が発売され、ヒット商品となっている。日本将棋連盟推薦商品というから、これは本格的だ。

精巧に再現されたこだわりの駒の造形に驚き!

日本人であれば、一度は手にしたことがあるだろう将棋の駒。ガチの将棋の駒と言えば山形県天童市が有名だが、チョコの将棋の駒は一心堂本舗(東京・千代田区)から生まれた。その名も『Shogi de Chocolat(将棋デショコラ)』(8個入り 参考価格 税込1,400円・2017年1月26日発売)。一心堂本舗といえば、記憶にある人も多いだろう。そう! 伊勢志摩サミットの公式土産「歌舞伎フェイスパック」を販売する会社なのだ。さすが、目のつけどころが一心堂だね!(笑)

成分表示を精査すると、これは本格的なチョコレート。見た目だけでなく、味にもこだわった商品だということが、ここからも読み取れる。

 

では、さっそくパッケージを開けてみよう。

!?

 

す、すげえ……。パッケージングされているのは王将、飛車、角行、金将、銀将、桂馬、香車、歩兵の8個。これが将棋の駒の全種類ということになる。実にリアル。これも当然で、日本将棋連盟が推薦商品として認めているだけに、公式の駒と同じサイズに作られているのだ。

見た目のインパクトは大きいが、味が悪ければオススメはできない。でも、この「将棋デショコラ」はチョコレート自体にもこだわっており、カカオの香りがしっかりとしていて、しかも甘すぎないビターテイストに仕上がっている。中高年男性へのバレンタインデープレゼントとして贈っても喜ばれるに違いない。

 

しかも、実はこれ8種類のコマすべてが同じ原料を使っていながら、食感や口溶け、香り立ちなどが異なるという。確かに、その差は僅かだが少しずつ異なる味わいで、ちょっとひねりが効いていて楽しい。

そして、ここが一心堂本舗らしさとも言えるのだが、パッケージに将棋の歴史・ルールを日本語と英語で解説したパンフレットが同梱されている点。海外からの旅行者にも日本の伝統文化である将棋の周知・普及を狙っているのだ。まあ、そこまで大仰ではないけど、外国人旅行者のおみやげにも適しているだろう。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会