ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

4.5センチでフル4K映像!? “世界最小”アクション4Kカメラの次世代モデルが大人気

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Alpha1

2015年、クラウドファンディングサイトIndiegogoに、手のひらサイズの“世界最小クラス”のアクションカメラとして登場し注目を集めた「Mokacam」。

その第2世代となる「Alpha」が昨年末に同サイトで公開され、期限まで残り1週間を切った時点で目標額の8倍を上回るを20万ドル(2200万円)を集めるなど、今回も人気を呼んでいる。

・アクションカムMokacamの次世代モデル

Alphaは、香港のチームが開発した世界最小クラスのアクションカムMokacamの第2世代。
開発チームによると、縦横4.5センチ、重さ79グラムだった前モデルよりも20%小さく、GoPro Hero5よりも35%小さなサイズになっているという。

その一方で、業界をリードするAmbarella社のプロセッサーを搭載し、デバイスの性能はよりパワフルに。例えば動画であれば、フレームレート30FPSでウルトラHDのフル4K映像が収められるようだ。

・より明るくキレイな画像が撮影可能に

付属のスクリーンモジュールもアップグレード。日光の下や、夜間など幅広い環境で、より明るく精細な映像や写真の撮影が可能になったということだ。

マニュアルモードでは、直観的なシャッター・ホイールで、シャッタースピードを1/2000から32秒までコントロールできる。

小さなボディながら、長時間の露出によって、夜間の風景から星空まで写真に収められそうだ。ほかにも様々な面でバージョンアップしたAlpha。現在、99ドル(送料別)から入手可能で、今年5月の発送を予定している。

期限が近付いているので、興味のある人は早目にチェックしてみては。

Alpha – The World’s Smallest 4K Action Camera

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。