体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

記者発表会初取材! 『au発表会 2012』に行ってきました

rimg0479

『au発表会 2012』に行って参りました。初めての発表会です。寝坊が怖くてよく眠れなかった上に、緊張しすぎて少々調子が悪かったです。

まずは報道陣の多さに圧巻です。KDDIともなれば、当たり前と言えば当たり前の話なのですが、「私がここにいていいのか?」と思ってしまいました。この中になじんでいけるようにしなければ……と背筋が伸びます。発表会会場はスタイリッシュな雰囲気。白を基調としてキリっとした内装は、auの新ロゴのイメージにピッタリです。資料を見ると、新しいauのサービスから新機種の紹介、タレントトークセッションとてんこもりな内容なので、これが2時間くらいで終わるの!? と疑問に思いました。

そして開会。MCの開会コメントの後、社長の田中孝司さんが出てくるとフラッシュとシャッター音の嵐でテンションが上がります。ただ、プレゼンをする人を見ていたらいいのか、大きなスクリーンに映し出される資料を見たらいいのか、すごく迷う。しかし見ているうちにだんだん慣れてきて、資料が変わるときはスクリーンを見て、資料にないことを話しているときは人を見るという格好になりました。

auの2012年3M戦略第1弾『スマートパスポート構想』。『auスマートパス』『auスマートバリュー』『au ID』の3つのキーファクターからなる『スマートパスポート』。「パスポートなんてネーミング、感じがおしゃれなだけで意味不明じゃん」なんて思っていたんですけど、「インターネットの世界に漕ぎ出すパスポート」と説明していただいてとても納得しました。

私が一番興味を引いたのは『auスマートパス』です。

rimg0537

『auスマートパス』はオープンインターネットの世界にあるより良いコンテンツを、誰でも安心して、おトクに楽しめるサービス。月額390円で『500本以上の人気アプリの取り放題』「おトクなクーポン、ポイントサービス」「10GBのクラウドサービス」「充実したセキュリティとサポート」を利用できます。

特にいいなと思ったのは「アプリケーションの取り放題」。せっかくスマートフォンに変えたのに、アプリケーションを全然利用できていない今日この頃。使ってみたいアプリケーションは多々あれど、価格が気になって手を出せず、無料のものは危なくないか不安で手を出しづらかったのです。でもたった390円でいろんなアプリケーションを使えるだったら魅力的! auのお墨つきだから安心ですし、やっぱり微妙だと思ってアンインストールしても、そんなにガッカリしないで済むから、どんどん試してみたくなっちゃうに違いない。

rimg0609

スクリーンに映し出される資料をもとにサクサク進み、「自由」を強く主張したauの新CMを視聴した後、タレントトークセッションへ。新しいauのイメージキャラクターには井川遥さん、伊勢谷友介さん、剛力彩芽さん、そしてなんと星飛雄馬が! スマートフォンを主に宣伝していくのに、モニターに映し出される星飛雄馬の手に握られてるのは黒電話の受話器。「父ちゃんが厳しくてまだスマホ持ってないけど」って、その前にそもそも携帯電話すら持ってないんですね!? モニターにて登場の瞬間、会場はもちろん、裏方の方からも笑い声が聞こえてきました。犯人は田中社長だったそうです。今回学生にもスマートフォンをというコンセプトの新しい学割プラン『ともコミ学割』が発表されたので、これで父ちゃんも納得してスマートフォンを買ってくれるといいですね。

トークセッション、フォトセッションを終え閉会してから、タッチ&トライ会場で新機種のお試しに行きました。

rimg0689

気になったのはやっぱり『iida』の『INFOBAR C01』。すでに『INFOBAR』のスマートフォンは出ていましたが、今度はテンキー採用で初期の『INFOBAR』に近いデザイン。他の追随を許さぬ個性は健在です。でもスマートフォンを使ってきた人にとっては、このボコボコしたテンキーは使いづらいと思います。初めてのスマートフォンにはいいかもしれません。手に持った感じも他の機種と比べると細いので、女性の手でもなじみやすいです。縦長な分、テンキーとタッチパネルを片手で駆使するのはちょっと難しいかも。

1 2次のページ
Nagaya Ayakaの記事一覧をみる

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。