体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まるで絵本の世界!絶景花畑に梅まつり♪伊豆エリアに春が来た!【静岡】

田んぼをつかった花畑

寒いからといって、プチ引き籠もり生活はもう卒業 !温暖な伊豆エリアには、一足先に春が到来。そこで今回は、気になる伊豆エリアの早春の花情報を厳選してご紹介します!

まるで絵本の様にメルヘンな美しい花畑の絶景コントラストに、ライトアップなど、どこもカメラを片手に、お花見散策をしたくなるスポットばかり。今度のお休みは、花の香りに誘われて、旬のお出かけを満喫しに伊豆へ旅してみてはいかがでしょうか?

第73回熱海梅園梅まつり

早春の熱海を59種472本の梅が彩る。

第73回熱海梅園梅まつり梅園五橋のひとつ「香浮橋(こうふばし)」

開催期間/~3月5日(日)

開催時間/開園時間8時30分~16時

開催場所/熱海梅園

園内にかかる5つの橋「梅園五橋」など撮影ポイント多数。地元芸妓の演芸などイベントも開催される。 第73回熱海梅園梅まつり

TEL/0557-85-2222(熱海市観光協会)

住所/静岡県熱海市梅園町8-11

料金/入園料一般300円、中学生以下無料

アクセス/JR来宮駅より徒歩10分

※公共交通機関をご利用ください

「第73回熱海梅園梅まつり」の詳細はこちら

あたみ桜 糸川桜まつり

中心街を流れる川沿いで可憐に佇む、早咲きの桜。

あたみ桜 糸川桜まつり糸川の上に花びらが舞う絶景

ライトアップも幻想的

期間中は17時~23時までライトアップが行われる。昼間とは違った優美で幻想的な桜はとてもフォトジェニック!あたみ桜 糸川桜まつり夜の熱海の街とともに楽しみたい

あたみ桜とは?

毎年1月上旬~2月に咲く、早咲きの寒桜。熱海には、1871年頃、イタリア人によりもたらされた。1カ月以上、花見が楽しめる。

あたみ桜 糸川桜まつり

開催期間/1月21日(土)~2月12日(日)

熱海市内中心部を流れる糸川。細い川の両側には約300mにわたって約60本の「あたみ桜」が植えられており、早めの見頃を迎える。桜まつり期間中は、大道芸やバンド演奏、桜茶のサービスも。町歩きとともに楽しみたい。 あたみ桜 糸川桜まつり

TEL/0557-85-2222(熱海市観光協会)

住所/静岡県熱海市銀座町・中央町の境

営業時間/ライトアップは17時~23時

アクセス/西湘バイパス石橋ICより30分

駐車場/なし

「あたみ桜 糸川桜まつり」の詳細はこちら

修善寺梅林

天気のいい日なら、梅×富士の絶景も。

修善寺梅林富士山ビュースポットとしても◎
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。