ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

サチモス、曲作りの要素に欠かせないグループ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

サチモス、曲作りの要素に欠かせないグループ
J-WAVEで放送中の番組「THE KINGS PLACE」(木曜ナビゲーター:Suchmos)。2月9日(木)のオンエアでは、メンバーのTAIKING(Gt)とTAIHEI(Key)がお送りしました。

この日、Suchmosのルーツをたどる名盤紹介コーナー「Suchmos the Essence」では、Earth, Wind & Fireの「All n’ All」を紹介しました。

1977年にリリースされたこのアルバムは7枚目のオリジナルアルバム。アフリカやブラジルなど、さまざまな音楽要素とスピリチュアルな理想主義が融合した、グループ絶頂期の名盤で、印象的なアートワークは日本人イラストレーターの長岡秀星さんが手がけました。

「このアルバムの不思議な世界観は、アースの他のアルバムとかを聴いた後にこの『All n’ All』を聴くと、民族感がより増している感じがするんだよね」(TAIHEI)

メンバーみんなも好きというこのアルバムですが、TAIKINGは中でも一番影響を受けているのがTAIHEIだと思っているよう。Suchmosの曲作りではTAIHEIがコード進行を決めることが多いそうなのですが、「そうだね。けっこう盛りだくさんアースの要素を使うもんね」と本人も自覚していました。

みんなで曲作りをしていて、「この後、どういう展開がいいかなぁ」と話し合っているときにTAIHEIが「こうだ!」とコード進行を決めると、「またアースじゃんって思うんだけど、みんな『それだー!』ってね(笑)」と、Suchmos の作曲事情を明かしてくれたTAIKING。Suchmosの曲から、Earth, Wind & Fireの要素を探してみるのも面白いかもしれませんね。

となると、Earth, Wind & Fireのアルバムをいくつか聴いておきたいところですが、かなりの枚数が出ているので、何から聴き始めたらいいか分からない! という方もいると思います。そこでTAIHEIからオススメのアルバムが紹介されました。

「この『All n’ All』と『I Am』、その2枚から聴き出したら面白いかもしれない」とTAIHEI。さらに「俺的にオススメの盤があって。モーリス・ホワイトさんが歌わなくなってから…でもEarth, Wind & Fireとして発表した『Now, Then & Forever』っていうアルバムは最高です! 本当にオススメ!」とのこと。

たくさんあるアルバムの中でも、「All n’ All」「I Am」「Raise!」「Now, Then & Forever」の4枚を入門編にしてスタートすると良いそうです。

この他、リスナーさんからの「幅広い年齢層からの注目に対してどう思われていますか?」や「子どもの頃の自分に会えたら、どんなことを話したいですか?」などの質問メッセージに答えました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「THE KINGS PLACE」
放送日時:月・火・水・木曜 26時−27時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。