ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

まぶしい!うるさい!赤ちゃんの生活リズムを乱す、サッカーおたくの夫に苦悩した数ヶ月 by ぐっちぃ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

子どもたちの月齢があがってくると、だんだん昼夜の認識が芽生えてきて、夜もまとまった睡眠がとれるようになってきました。生活リズムを作る時期です。 前回のエピソード:「双子の子守り」vs「妻の買い物に付き合う」、出不精な夫に究極の選択を迫った結果… by ぐっちぃ

もちろん私も寝たいので、子どもと一緒に布団に入ります。

夜だということを分からせるため、部屋は真っ暗にするんですけどー

f:id:akasuguedi:20170209213230p:plain

普通に仕事をしているくまさん(夫)はそうはいかない。

普段生活をしている部屋と寝室は一緒なので、私たちが寝ていようが関係なくやってきます。寝室を別にできないのが狭いアパートの悩むところですね。

さらに問題がもうひとつ。サッカー観戦が好きなくまさん、海外サッカーって日本と時間が違うから(当たり前)放送が日本の深夜だったりするんですよね…。

すると、こうなる

f:id:akasuguedi:20170209213315p:plain

眠れない!生活リズムも作れない!

そこで一回「生活リズム」についてくまさんに話をしたところ、

f:id:akasuguedi:20170209214047p:plain

でもサッカーオタク暦も長いくまさん。出会った頃からサッカーのうんちくをいっぱい聞いてきたし、どのくらい好きかっていうこともよーくわかる。たぶんサッカーを「いきがい」として今まですごしてきたんだと思うんです。

たぶんくまさんの半分はサッカーでできてる。

それを簡単にやめられないのは百も承知だけど…そうじゃない。

f:id:akasuguedi:20170209214143p:plain

子どもがちゃんと昼夜の認識をしてくれるには部屋を暗くして静かにすることって書いてあった。今ここできちっとやっておかないと、きっと(親が)後悔する。

でも、だからといってネチネチ言いながらくまさんの「いきがい」をとりあげるのは忍びない。

そこで私がとった行動とは

f:id:akasuguedi:20170209214310p:plain f:id:akasuguedi:20170209214329p:plain

テレビが光ってるとそれも気になるんだけど、ここは妥協。テレビ側にはくまさんに寝てもらってわたしたち眠りたい人間はテレビから離れた場所で寝る。

あと、子どもたちが起きている状態でテレビをつけると絶対眠らないので、深夜にテレビをつけるときは子どもたちが寝たのを確認してからつける。

こんな感じでお互いちょっとずつ妥協点を見つけながら過ごしていました。

f:id:akasuguedi:20170209214410p:plain

そのうち、くまさんの深夜の海外サッカーを観る頻度が減っていき、数ヵ月後には登録していたサッカーチャンネルもやめてしまいました。くまさんの半分を占めていたサッカーが徐々に減っていったのです。

f:id:akasuguedi:20170209214435p:plain

あんなに好きだったサッカーだったのに、「子どもに良くない」という理由でやめてくれたのには感動しました。

ここまでに数ヶ月かかりましたけど、きっとくまさんなりの「見納め」だったのかなといまさら思います。

今は、テレビで放送されているものを見る程度です。でもサッカー見るたびにこまめとのまめに「また観るの?」って聞かれているので昼間のサッカー観戦も危うくなってきているかもしれません。 関連記事:うるさくて臭くて戦力外で!夫の飲み会が妻にもたらす6つのデメリット by 園田花ヨウ

f:id:akasuguope02:20150829132146p:plain

著者:ぐっちぃ

年齢:30代後半

子どもの年齢:7歳の双子

新潟県在住。働く主婦。30歳で一卵性双生児「こまめ」と「のまめ」を授かりました。只今保育園年長。女子力高い2人の女子トークについていくのに精いっぱいです!お母さんがんばる!「双子を授かっちゃいましたヨ☆」というブログで妊娠~現在までのブログも描いています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

「今日はあがるね」ってバイトじゃないんだから! 察せない夫との育児生活にガッカリ
欲しいのは「大変だったね」の一言。育児の大変さを分かってくれない夫にがっかり…
参加するだけマシ? 「可愛いとこ取り・一貫性なし」… 夫の育児にモヤッとした瞬間

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。