ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ウィルコ/ファイスト/チャンス・ザ・ラッパーら【オークレア・フェスティバル】のラインアップが発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ウィルコ/ファイスト/チャンス・ザ・ラッパーら【オークレア・フェスティバル】のラインアップが発表

 ボン・イヴェールのジャスティン・ヴァーノンとザ・ナショナルのアーロン・デスナーがキュレーターを務める【オークレア・フェスティバル】(Eau Claires Festival)が現地時間2017年6月16日と17日に米ウィスコンシン州で開催される。今年で3回目を迎えるこのフェスティバルのラインアップが2月9日に発表され、インディー・ロックとヒップホップの大物たちが集結することが分かった。

 ボン・イヴェールはフォーク・ロックの大御所ジョン・プラインをゲストに呼び、”アメリカン・ソングブック”と題された名曲揃いのステージを披露。伝説的シンガー・ソングライターのポール・サイモンも、高い評価を受けている現代室内楽アンサンブルのワイミュージック(yMusic)とコラボし、彼の楽曲を最先端のアレンジで聴かせる予定だ。

 【オークレア・フェスティバル】の出演者は他にウィルコ、トゥイーディ、ジ・オータム・ディフェンス、チャンス・ザ・ラッパー、ダニー・ブラウン、ファイスト、フランシス・アンド・ザ・ライツ、フリエッタ・ベネガス、マウス・オン・マーズ、パフューム・ジーニアス、スパンク・ロック、ゼブロン・パイクなどが発表されている。また、エレクトロR&Bデュオのシルヴァン・エッソが出演するが、シンガーのアミーリア・ミースは女性フォーク・トリオ、マウンテン・マンとしてもステージに立つ予定で、3人にとって5年ぶりのパフォーマンスとなる。

 チッペワ川沿いの広大な土地で開かれるこのフェスティバルは様々なインタラクティブなアート・インスタレーションやメディア・ミックス作品なども展示される。通常のステージの他に森の中の隠し会場でもライブが行われる予定だ。

関連記事リンク(外部サイト)

チャンス・ザ・ラッパー/ブリトニー・スピアーズ/アップルCEOのティム・クックら【グラミー賞】授賞式の前夜祭に出席予定
【第59回グラミー賞】出演者にチャンス・ザ・ラッパー、スタージル・シンプソン、ウィリアム・ベルら5組追加
チャンス・ザ・ラッパーとチャイルディッシュ・ガンビーノがコラボ制作中

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。