体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

別府市「湯〜園地」の資金募集 温泉に入りながらジェットコースター?

エンタメ

別府市「湯〜園地」の資金募集 温泉に入りながらジェットコースター?
画像はすべてCAMPFIREより
温泉に浸かりながらアトラクションに乗れる遊園地「湯〜園地」を大分県別府市につくるための資金募集が、クラウドファンディングサービス・CAMPFIREにて、2月10日(金)より開始された。

今回のプロジェクトでは、制作資金1,000万円を募集。資金募集期間は4月10日(月)いっぱいまでとなっている。

なお、同施設は目標である1,000万円を達成しなかった場合でも、別府市内の遊園地「ラクテンチ」内に7月29(土)から31日(月)に開園される予定。

ついに現実に! 「湯〜園地」とは?

100万再生で本当にやります!別府市・湯~園地計画!

大分県別府市は人が入ることのできる温泉として世界一の湧出量を誇る地域。

同市は2016年11月、「湯〜園地」で遊ぶ人々を描いたイメージ映像をYouTubeで公開。「再生回数が100万回を達成した場合、実際に『湯〜園地』計画を実行する」という公約を発表し、わずか3日で100万再生を達成していた。

動画は現在も再生数を伸ばし、2017年2月10日時点で約300万再生を突破している。

動画制作に際しては、源泉地から12トンもの温泉を運搬。総勢150名以上の市民エキストラが、ジェットコースターやメリーゴーランドと湯船が融合したアトラクションで楽しむ様子が描かれる。

画像はすべてCAMPFIRE MAGAZINEより 2

プロジェクト実現において別府市長は「市民の税金は一切使用しない」と発表。そこで、今回のクラウドファンディング「どうせやるならやりすぎたい!温泉×遊園地=前代未聞の”湯~園地”を別府に実現!!」を始動した。

計画中のアトラクションには浸かれるメリーゴーランド、かけ湯吊り橋、ホットな温泉ジェットコースター、家族風呂的観覧車などが予定されている。

今回のプロジェクトでは、1,000万円を目標としているが、最終目標として1億円を掲げており、集まった金額に合わせアトラクションが増えるなど、内容をより充実させるようだ。

「蒸しべっぴょん」/CAMPFIRE MAGAZINEより
1 2次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会