ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

井上陽水、本日発売『POPEYE』にて「二十歳のとき、何をしていたか?」を語る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
井上陽水、本日発売『POPEYE』にて「二十歳のとき、何をしていたか?」を語る

井上陽水が、本日2月10日発売の雑誌『POPEYE』にてインタビューを受けている。

テーマは「二十歳のとき、何をしていたか?」。

二十歳の時の井上陽水といえば、プロのミュージシャンを志す前、地元福岡で歯科医師を目指す予備校に通っていた頃。これまであまり語られていなかった秘話も聞かせてくれた。その掴みどころのない生き様は、現代の若者にとって人生の指針になるのか、否か。

また2月15日には1973年(井上陽水24歳の時)にリリースされ、ブレイクするきっかけとなった「夢の中へ」が世界的巨匠エンジニア、“テッド・ジェンセン”によるリマスターにより、シングルCDとしてリリースされる。このCDジャケットはサングラスをかける前の若き井上陽水の写真が使われていることも話題となっている。

若き日の井上陽水が日々、何を考え、何をしていたのか、インタビューを読みながら「夢の中へ」を聴くとより深みが増すことは間違いがなさそうだ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。