ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

秦 基博、自身初のハマスタワンマンは2部構成のスペシャルなプログラム

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
秦 基博、自身初のハマスタワンマンは2部構成のスペシャルなプログラム

昨年11月にデビュー満10周年を迎えたシンガーソングライター・秦 基博が、5月4日に横浜スタジアムで初のスタジアム単独公演「LIVE AT YOKOHAMA STADIUM」を開催する。10周年記念企画にも拍車がかかる中、その集大成とも言えるライブの構成と参加ミュージシャンが発表になった。

第一部は「All Stars Pieces」と題し、昨年の“青の光景”ツアーから数多のライブを共にしてきたバンドメンバー(key:皆川真人、Gt:弓木英梨乃、Ba:鈴木正人、Dr:あらきゆうこ)と、弦楽八重奏(佐藤帆乃佳ストリングス)揃っての豪華編成で贈るステージ。そして第二部は、2008年の初演以来シリーズ展開され人気を博しているアコースティックライブ「GREEN MIND」が繰り広げられる。

公演日の5月4日=「みどりの日」は秦にとって特別な思い入れのある日。「自身の原点とも言うべきアコースティックギター弾き語り主体のライブをファンと共にゆったりと楽しめたら」と自らの発案でスタートさせた自主イベントが「GREEN MIND」であり、その開催日を「アコースティックな音に浸ってもらうのに相応しい、新緑薫るG.W.の休日“みどりの日”」と決め、ファンと自分とを結ぶ大切な記念日としてきた。

2008年の第一回目も、やはり地元・横浜、神奈川県民ホールでの開催だった。2009年は全国21都市を回るツアーに。以降、5000人を超える動員を記録した故郷・宮崎での凱旋公演、全編弾き語りで話題を呼んだ日本武道館公演、各地の世界遺産を舞台にした野外公演など、「GREEN MIND」はいつしか秦のライブパフォーマンスのダイナミズムを印象付ける定番ライブとなり、様々な会場で開催され話題を集めてきた。

今回、10周年記念ライブの最後を飾る横浜スタジアムは、秦が少年野球時代に大会の開会式に参加したり、高校の野球部の応援に訪れたりと、たくさんの思い出がある特別な場所。ライブ会場としては過去最大規模であり、聖地とも呼べるハマスタで、2部構成のスペシャルなプログラムを届ける。なお、各プレイガイドにて先行チケットを受付中。

また、4月5日に熊本で「FMK×秦 基博 presents MUSIC goes on.」の開催が決定。昨年3月3日にFM熊本の30周年アニバーサリーイベントが開かれた同会場Be.9V1に1年ぶりに歌を届けに帰熊する。

前回のイベントでは地元の人気DJ・かなぶんや進行のもと、シークレットゲストにKANの登場やくまモンの飛び入りなどもあり、熊本を熱く沸かせた。現在、熊本市内のコンサートホールの復旧が待たれるなか、再び秦とFM熊本がタッグを組み企画する一夜限りのライブハウスイベントが行われる。

チケットの先行受付はキョードー西日本のオフィシャルサイトにて実施中。追加出演アーティストやチケットの一般発売など、詳細は後日FM熊本の番組やオフィシャルサイトで発表される。

ライブ情報
HATA MOTOHIRO 10th Anniversary「LIVE AT YOKOHAMA STADIUM」
日時:2017年5月4日(木・祝)開場15:00 / 開演 17:00 / 終演 20:30予定
会場:横浜スタジアム
<チケット>
指定席(アリーナ席・スタンド席)料金:8,640円(税込) 3歳未満入場不可、3歳以上はチケット必要
親子席(スタンド席予定)料金:7,560円(税込) 3歳未満入場可能、3歳以上はチケット必要
一般発売:2017年4月1日(土)10:00〜

「FMK×秦 基博 presents MUSIC goes on. supported by セルモグループ」
日時:2017年4月5日(水)開場18:00 / 開演 18:30
会場:熊本B.9 V1
出演:秦 基博 and more…
チケット:スタンディング 5,400円(税込)※別途ワンドリンクオーダー
キョードー西日本:http://www.ticket.ne.jp/kyodo-west/

関連リンク

秦 基博 オフィシャルサイトhttp://office-augusta.com/hata
秦 基博 オフィシャルtwitterhttp://twitter.com/hata_official

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。