体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2月公開の注目映画】編集部のおすすめ5選


©2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.

 

1.『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』

圧倒的な世界観と映像美で、瞬く間に私たちを内側の世界に引き込むティム・バートン作品。そんな彼が次に挑んだのは、“ティム・バートン史上最も奇妙”な、愛と友情のダークファンタジー。

空を飛んだり、空気を操ったり、透明になったり。
予知したり、時間を巻き戻してみたり。
その“奇妙”な見た目や動きにドキッとしたことも、別段変わったことでもないような気になり、最終的には、愛おしくてたまらなくなってくるから不思議だ。これぞ、ティム・バートンマジック。

映画からの帰り道。
少し前に3歳の娘と夜の公園を通った時、「ママ、公園が夜になったよ」と言われたことを思い出していた。
こどもが持っている、枠も形もない発想と果てしなく自由な感性。
夜の公園は暗い、じゃなくて、公園が夜になる、と思っているこどもの伸びやかさと迷いのなさ。この映画はそういうものに溢れている。

“はみ出ていること”が気になるようになるのは、いつからだっただろう。
“受け入れられないこと”を恐れるようになったのは?
時間も常識も切り落として、縦横無尽に生きている“奇妙なこどもたち”は文字どおり奇妙で、可愛くて、そして、羨ましくなるほどたくましい。

▼あらすじ
なかなか周囲に馴染めない孤独な少年ジェイク。彼の唯一の理解者であった祖父が、ある遺言を残し、謎めいた死を遂げてしまう。
祖父の残した言葉に従って、ある島をを訪れたジェイクを待っていたのは、 森奥の屋敷に住む奇妙で可愛い小さな友達だった。
彼らの不思議な能力を知ったジェイクは、彼らが1940年の9月3日を毎日繰り返していることとその理由を知る。そして、目に見えない危険が迫っていることにも…。
自分がこの世界に送り込まれた役割とは何なのか。真実が明らかになったとき、永遠に続く1日と奇妙なこどもたちに大きな変化が訪れる。

▼Information
『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』
TOHOシネマズ日劇他全国上映中!
監督:ティム・バートン
出演:エヴァ・グリーン、エイサ・バターフィールド、サミュエル・L.ジャクソン、エラ・パーネル、ジュディ・デンチ、テレンス・スタンプ

 


©2017「恋愛奇譚集」フィルムパートナーズ

 

2.『恋愛奇譚集』

奇譚とは、不思議なこと、珍しい話を意味する。
そう、これは恋愛をめぐる、少し不思議な話だった。
そして、見ず知らずの土地にやってきた1人の少女が、
形のないものに導かれて、ここにいる意味を見出すまでの物語。

まだ日本語も覚束ない、台湾からの交換留学生のユーウェンには、唯一心を許して話せる友達がいた。赤いコートを着た、同じ歳くらいの女の子。
彼女にだけは、全部を打ち明け、言葉を超えて、何もかもが伝わった。
他人には見えなかった、彼女の姿と二人の絆。
2人が動かしていく、止まったままのひとつの恋愛。

キャストの中でも、ひときわ女優陣に心を打たれたのは、単に私が女であり、恋愛中だからかもしれない。でも、“恋愛”奇譚集という映画である限り、それでいいのかもしれない、とも思った。
台湾人留学生を演じたヤオ・アイニンを始め、福田麻由子、内田慈、遠藤新菜。恋や愛の最中にいる、いつも濡れているようにも見えるし、何だか乾ききっているようにも見える女の表情が生々しく、美しく、切なかった。

見えないものの方が本当は消えなくて、
触れられるものの方が本当は不確かで。
わかっていながら、私たちは形のあるものに手を伸ばし、引き寄せ、唇を重ねて、またその手を強く握る。
それらを往来しながらいつも、誰にも触れられないところで、想う人と強く強く繋がりたいと切望している。
体のどこにあるか知らない、写真にもうつらない、心のどこかで。
輪郭のない確かさで。

1 2 3次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会