体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『新国際ニコニコ映画祭』今度は “田代まさし” の動画素材を使えッ!

『ニコニコ動画』の祭典といえば、『国際ニコニコ映画祭』だ。一般人から自作動画を応募してもらい、優秀作を決定するというもの。今回は第10回ということで『新国際ニコニコ映画祭』とタイトルを変えて開催決定!

今回はなんと、田代まさしさんが審査員として参加するうえに、田代さんの動画素材の提供も決定している! つまり、田代さんの動画を自作動画の素材として使用し、一般人の皆さんが『新国際ニコニコ映画祭』に応募するという流れになる。もちろん田代さんの動画を使わなくてもよく、あくまで運営側が提供する素材のひとつなのでご安心めされいっ! でも田代さんの素材は気になるところ! 現在、『田代砲』や『おい!のぞいてんじゃねぇよ!』などの動画素材が公開されている。

すでに6月2日から作品の募集を開始しており、「もう動画が完成しているぜーッ!」というツワモノはすぐに応募可能! もちろん、締め切りまでまだまだ時間があるので、じっくり今から作り始めても問題ない。自分が納得できるクオリティになったらすぐ応募だっ!

<第10回新国際ニコニコ映画祭概要>
応募期間 2009年6月2日(火)~6月23日(火)
テーマ 『密室』
募集部門 テーマ部門/自由部門
※自由部門では、テーマに拘らず自由な作品を募集します。
受賞作発表 2009年7月11日(土)予定
賞金総額 ¥253,750(前回からのキャリーオーバー分を含む)
公式サイト http://www.nicovideo.jp/static/festival/
※詳細及び応募の注意事項については、上記の公式ウェブサイトをご参照ください。

<応募動画の規格>
・映像の長さが1秒から5分まで。
・オリジナルの作品であり、著作権などの侵害がない。
・応募注意事項を遵守した内容である。

ちなみに運営側のコメントによると「今後7月11日(土)予定で行われる審査会生放送では、応募作品の中から各賞受賞者を選考するほか、招待作品として田代氏がテーマに沿って手掛けた映像作品を上映します」とのことで、田代さんの作品にも注目が集まるところだ。田代さんが撮影する動画……期待せずにはいられないッ(このニュースの詳細記事はこちら)!
 

■こんな話題のニュースもあります
宝石店が無料で配布したダイヤ! 早くも『ヤフオク』に出品される
会社が崩壊! 11期連続赤字もネタにする自虐的ジャレコ公式サイトが話題
【E3】ゲームメーカーによる取材班の獲得合戦が勃発!
デジカメでもホタルをキレイに撮れる!? プロに聞いたホタルの撮り方!
チャリンコにつけるスピーカーバッグを試してみたYO!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。