ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

世界のピコ太郎、ベルギーでも大フィーバー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
世界のピコ太郎、ベルギーでも大フィーバー

シンガーソングライターのピコ太郎がベルギーでキャンペーンを行い、日本人“初”となる現地の人気テレビ・ラジオ番組・クラブイベントに出演した。

今回の出演はベルギーのレコードレーベルCNRから熱烈なオファーがあり実現。「PPAP」はベルギーでも人気があり、特に子供たちからの支持があるという。

TVは「Gala van de Gouden K’s 2016」という、約6,000人を集約する会場でベルギー国内の音楽賞を発表する番組に出演。複数の賞があり、それぞれの賞にノミネートされたアーティストの中から1番が発表され、受賞者が約6,000人の観客の前でパフォーマンスするというもの。

ピコ太郎は「HYPE of the Year(今年の流行No.1)」という賞に見事選ばれ、「PPAP long ver.」を披露。会場には子供の姿が約半数を締めており、大歓声が沸き起こった。

番組の最後にはステージ上にオールラインナップで受賞者たちが登壇したが、番組終了後は本国のアーティストやマスコミから写真を撮らせてほしいという声が殺到。まさに「PPAP」人気を物語った。

また、ベルギーでは知らない人はいないという朝の人気ラジオ番組「De Grote Peter Van de Veire Ochtendshow」にも出演。インターネットで動画も同時中継ということで、ここでもリスナーの希望に応え「PPAP」を披露しスタジオを沸かせた。

また、宿泊先のアントワープにある代表的な建物である聖母大聖堂(Onze Lieve Vrouw Kathedraal)やアントワープ市庁舎(Antwerpen Stadhuis)を訪れた際には、現地の人はもちろんヨーロッパやアジアといった観光客にも呼び止められ記念撮影の嵐に。たった1時間程度の間に十数にも及ぶの国と地域の人々と交流があったという。

先日、ジャスティン・ビーバーとの2ショットやSUMER SONIC 2017への出演が発表され、更に日本武道館公演に続き、3月26日には台湾でのワンマンライブの開催が発表されたピコ太郎。2017年に入ってからも国内外でピコ太郎フィーバーは更に加速しているようだ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。