ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

「この水も、肝試しのせいかも知れません」

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今回お話を伺ったのは、サンミュージック所属のお笑いコンビ「ザ・パーフェクト」のピンボケたろうさん。富士の樹海で行った肝試しの最中にピンボケたろうさんを襲ったという人知を超えた謎の現象とは!?そして、今も尚、その呪いは続いているとか………!?

SONY DSC

―――「樹海の肝試しの話」をお聞かせ頂けますでしょうか?

樹海と言えば「肝試し」と言うか、「心霊スポット」として有名じゃないですか?だから、みんなで行ってみようぜ、という話になり、仲の良い4、5人で樹海に行ったんですけれど、やっぱり樹海の夜中って、もう何も明かりがないので、完全に真暗で、自分たちが行った所の車のライトしか明かりがないんですよ。それで、このまま入って行ったら、多分、戻って来れないと思いましたね。

―――夜中に訪れたんですね?

はい。
どうせなら真夜中がいいと思ったんです。

本当に真暗だったんで、帰って来られるようにする為に、その、車のスタート地点にある木にみんなでロープを括り付けることにしたんです。

―――各々が目印にする為に?

はい。各々が木に括り付けて、その繋がった先に自分の身体も括り付けて、最終的に、そのロープさえ辿って行けば元の場所にに戻って来られる!という感じに。

それでみんな各々でロープを繋いで、バーッと樹海の中に入って行ったんですけど、写真撮ったりとか、色々と見回したんですけど、特に何もなく、「ああ、まあ怖い雰囲気だけだけど、何もなかったわあ」って盛り上がりながら、「そろそろ帰ろうか」ってなったんです。

車の場所まで帰ってきて、身体からロープを外した後で、片付けて仕舞う為にそれを手繰り寄せて巻いて行ったら、そのロープに結び目が3個あったんです。迷わない為に身に着けていたものだから、絶対に外してない。そのロープを外して結ばないといけないのに、3個の結び目があったんです。

SONY DSC

―――絶対に出来ない状況にあった?

確りと木に繋いであったんです。なのに、結び目が3個あって、「なんだこれ」ってなりました。それで、何か映っていないかと思って確認してみたんですが、カメラとかには、あの、全部映っていなかったんです。

―――全部?つまり、何も映っていなかった?

何も。撮っていたんですけど、何も映ってなくて。「何も映ってない」っていうのは、撮った動画は不自然なくらいまで全部真暗だったっていうことです。自分の顔を近づけてたショットもあるですけど、何も映っていなかった。

―――誤作動、ということでしょうか?

何がどうしてとか、理由は全く分からないんですけど、自分にとっては、もう、すっごく怖くて。結び目っていうのは、要は、解いて結び直す以外だったら、自分がクルッと入るしかないですから。

―――でも、そんなことはしてないわけですよね?

はい。やろうと思わないとできないですし、もし仮に、たまたまそうなってしまったとしても、多分、1個くらいなんですよ。万が一出来たとしても、1個くらい。

―――3個はあり得ない。

3個がしっかりと結んであって。「怖い場所って、遊びで行っちゃいけないんだなって思った」っていう話です………

―――その後は、何かあったりしなかったですか。体調を崩した、とか。

崩したっていう人もいたんですけど、それが原因なのかは分かりませんね。

―――ちなみにロープはどのくらいの長さだったんですか?

各々がホームセンターで買って行ったんで、ひとによってモノは違うと思います。僕のは100メートルくらいの、相当長いやつでした。

―――その中で、ピンボケたろうさんだけが、結び目が出来た?

僕だけでした。
これなんなんだろう」って思いましたよ。他の人ができるイタズラでもないし。解明のしようがないので、何とも言えないです。だから、これといって不幸がなくて良かったなとか思いますね。その不気味な体験以外で。

―――「結び目がある」っていうのは、何のメッセージなんでしょうかね。普通は「呪われた」とか「声が聞こえた」とか、そういうものが多い気がします。

ロープが切れてた」とかなら、帰さないようにするみたいなのがありそうですけど。どうして結んだんですかね。三個も。何かのメッセージなんでしょうけど、そこは聞いてみないと分からないですね。

―――聞けないでしょう(笑)聞きに行きますか?

もう行きたくないですよ、あそこは。怖い、っていうか何ていうか、「えー、何だろう」「気持ち悪いなあ」っていう感じがしましたね。脳裏に思いっきりこびり付いてしまいましたもん。また行けば、もしかしたら、何か分かるかもしれない。でも、まあ、知りたくはないですね………

だから、遊びで樹海には行かない方がいいですよ。本当に。

―――でも、これだけ危ないと知られていても、行っちゃうんでしょうね。そういうのが好きな人は。

ええ。好きな人は行っちゃうと思いますね。
だから、自己責任で行って下さいとしか言えません………

―――ちょっと話は変わるんですけど、最近は何か貧乏エピソードありますか?

つい先日、トイレのタンクが壊れてちゃいまして、それで、トイレが使えない状態になってるんですよ。今。

―――自宅のね。

なので、あの、一生懸命、毎回コンビニに走ってます。直すお金がないので、コンビニに行って使わせて貰ってるんです。気持ちいいなあ。

―――大家さんに言ったら直してくれるんじゃないですか?

言ってるんですけど、なかなか来なくて。
なんでか分からないですけど。

―――けど、毎回トイレが遠くにある状態って、結構大変ですよね?

はい。無茶苦茶大変ですよ。
歩いて3分くらいではあるんですけど、ただ、便意を催してからの3分なので、キツい時もあります。寝起きでトイレ行きたいな、とかの時も。

―――毎回3分歩いてる?

はい。

なんか、水がずっと流れ続けるんですよ、うちのトイレ。だから、元栓から止めるしかない。今は止めてしまっていて、でも、元栓を開けても、チョロチョロチョロってずっと流れているだけで、強く流してくれない。だから、トイレとして機能しない癖に、水道代だけがかさんでくるんです。

―――それは辛いですね。

もしかしたら、この水も肝試しのせいかもしれません。

―――水道管に結び目が出来ているのかも知れませんね。ありがとうございました。

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。