ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

誰の姿も見えない隠れ身バトル『Invisigun Heroes』 一人でもみんなでも楽しめる新作アクション

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2月9日、インディーゲームディベロッパーの「Sombr Studio」は、作り込まれたドット絵が映えるシングル・マルチプレイ両対応の隠れ身バトルアクション『Invisigun Heroes』を公開した。

現在はPCゲーム配信プラットフォーム「Steam」にて配信中。価格は1,480円、対応言語は現状英語のみとなっている。

『Invisigun Heroes』Steamページ

本作の特徴は、相手を倒すバトルゲームでありながら、通常の状態では誰の姿も見えないというステルス要素の強いシステムだ。ではどうやって戦うのかというと、バトルの舞台はトップビューで見下ろせるマップとなっており、そこでキャラクターがオブジェクトなどを触ったときなどに現れる反応や、残った足跡、そして攻撃時に見える姿などで判断して相手を倒すのだ。

イメージ152281
 
ss_1154f6c43e9565ecc4012904208fc8a023700b08.1920x1080
 
プレイヤーが選べるキャラクターは全部で8人存在し、勢い良く地面を突いての範囲攻撃や、障害物となるブロック生成、ダッシュ能力や身代わり能力など、それぞれ異なる能力を持っている。プレイスタイルによって使い分けることが重要となりそうだ。

またバトルフィールドとなるマップも50ほど存在しており、それぞれで異なるギミックが用意されている。ゲームモードも7つ存在し、相手を倒すだけではない戦いを楽しめる。

ss_3b0afad1c2c0d515e5af166176f9af9838afd6c8.1920x1080
 
ss_89ff8067b7a5b2f47c2f03be7759827a9be85211.1920x1080
 
ss_8b3f47e3186df6634adc2af1851b2a0a944a9fae.1920x1080
 
本作は以前にKickstarterにて36,000ドル(約400万円)を調達していた作品でもあり、待ちかねていたプレイヤーもいるのではないだろうか。シングルプレイからオンライン・ローカル両方のマルチプレイにまで対応しているため、パーティゲームとしても楽しめる内容となりそうだ。

[基本情報]
タイトル: Invisigun Heroes
制作者: Sombr Studio
対応OS: Windows/mac/linux
価格: 1,480円
ダウンロード:

関連記事:

『Pixel Princess Blitz』約1200万円の支援金額でKickstarter完遂 可愛らしいドット絵のローグライク・アクションRPG
「古代ゲルマン的未来」を描く槍投げアクションゲーム『Lichtspeer』 摩訶不思議な世界を戦いぬけ!
可愛いキャラと古き良き2Dアクション『ローゼンクロイツスティレッテ』Steamで配信開始

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。