ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「恵比寿映像祭」要注目の作品はコレ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「恵比寿映像祭」要注目の作品はコレ!
J-WAVEで放送中の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「PIN UP」。2月9日(木)のオンエアでは、10日から開催される「恵比寿映像祭」を紹介しました。

今年で第9回となる「恵比寿映像祭」は、国内外のさまざまなジャンルの作品とゲストを迎えて、表現の可能性を追求する催しです。

今回のテーマは「マルチプルな未来」。現代社会はSNSなどのさまざまなツールによって、たくさんの“他者”と同時につながるようになりました。そんな中、映像が個人や社会にどんな変化をもたらしているのか、作る人と見る人が一緒になって考える内容になっているそうです。

参加するアーティストやゲストは18カ国、93組。東京都写真美術館では、展覧会形式で映像を上映するほかにも、館内にある映画館にて短編映像を上映するなど、全館を使ったプログラムが開催されます。恵比寿ガーデンプレイスでは大規模な野外展示が、ザ・ガーデンルームではライブがそれぞれ予定されており、まさにマルチプルに楽しめるフェスティバルになっています。

中でも注目は、双子のアーティスト、ガブリエラ・マンガノ&シルヴァーナ・マンガノだそうです。

「今回の作品は、10名の女性たちがカメラの前でさまざまなポーズをしていて、それをつなぎ合わせた映像です。一見、それが何を表しているのか分かりづらいんですけど、世界中で扱われているニュースなどから特定のポーズを抜き出して、それをダンスのような形で再構成したものです。

過去のニュースメディアの歴史をたどりながら、新たに抽象化したメッセージを、女性たちの体を使って映像化して、もう一度発信する作品となっています」(「恵比寿映像祭」ディレクター岡村恵子さん)

こちらの作品は、東京都写真美術館の2階にある、大きな吹き抜けの空間にスクリーンで上映。10日から3日間、17時30分から作品の前で生パフォーマンスも行われる予定です。この展示とパフォーマンスは無料で楽しむことができます。

「恵比寿映像祭」は、2月10日(金)から26日(日)まで、東京都写真美術館、日仏会館、ザ・ガーデンルーム、恵比寿ガーデンプレイス センター広場など地域連携各所で開催されます。この機会にマルチプルな芸術の世界に触れ、新しい刺激を受けに出かけてみてはいかがでしょうか?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP UP!」
放送日時:月・火・水・木曜 9時ー11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。