体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2017年こそ手に職を!】未経験でエンジニアへ転職するために知っておくべきこと

今、自分が100%満足してやりたいと思うことを仕事にできている、という方は少ないものです。

特に、専門的なスキルを必要とするITエンジニアはなろうと思ってもすぐになれるものではないですよね。しかし、「小さな頃から物作りが好きだった」「IT/WEB業界で活躍したい」そう考えた時に、ITエンジニアへの転職を目指したいと思う方も多いのではないでしょうか。

そんな方向けに、全くの未経験からITエンジニアへの転職を実現するためにまず知っておくべきこと・最初にやるべきことを解説していきます。

 

エンジニアが活躍するフィールド

IT(情報技術)とは、電気・ガス・水道と並ぶ社会インフラであると言われて久しくなります。今日では、ほぼすべての業種・企業・市民の根幹を支えている領域にまで広がりを見せています。

例えば、IoT(Internet of Things)という言葉をテレビのCMやニュースなどで聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

モノのインターネットと訳されるこの言葉は、「モノ、ヒト、サービス」の全てを包括したインターネット化による価値創造”と定義されています。私たちの日常に存在する「モノ、ヒト、サービス」がITとさらなる密接化をしているということです。

 

このように、今後も社会のIT化は加速し、この先の未来を先導する技術がITといえるわけです。

この流れの中で、エンジニアの活躍するフィールドは、広がりを見せる一方、求められるスキルも多様化と深化していることも事実です。

【2017年こそ手に職を!】未経験でエンジニアへ転職するために知っておくべきこと

 

エンジニアとして働く前に知っておきたい3つの業界

IT業界は、業態によって大きく3つに区分することが出来ます。そして、その業態に応じて求められるエンジニア像も異なっています。まずは、代表例を含めていくつか紹介します。
Webサービス系(代表例:Google、DeNA、など)
SI系・ソフトウェア系(代表例:NTTデータ、野村総合研究所、クレスコなど)
SES系(1または2以外のその他ほぼ全て)

※実際には、ユーザー系企業内の社内SEなどのポジションなどもありますが、ごく少数のためここでは割愛します。

 

日本国内でIT企業と言われる会社は数万社と言われていますが、未だシェアとしては、「SI系・ソフトウェア系」「SES系」が大半を占めます。

実務未経験・業界未経験の状態から「Webサービス系」へ転職するのはハードルが高い傾向にあります。その場合は「SES系(System Engineering Service)」をIT業界の入り口とするキャリアパスを視野に入れると良いでしょう。

 

SESとは

SESとは、ソフトウェアやシステムの開発・運用などの委託契約のことで、対象物の納品を目的とせず特定の業務に対して技術者を提供する契約です。

SES事業を営む企業の正社員が技術者として客先のオフィスに常駐し、技術的なサービスを提供します。SES系についての特徴は、社員数が数十名〜の企業がほとんどを占めており、その中でSESというかたちでITに携わっている企業が多いことが特徴です。

この仕事を通じて、IT業界の経験・スキルアップをすることで「SI系・ソフトウェア系」や「Webサービス系」の企業への将来的な転職も十分に可能です。

 

ただ、Webサービス系企業に転職するには少なくともIT業界の経験がある方が望ましく、尚且つ高いレベルのスキルを保持していることが求められます。

Webサービス系企業は、自社で運営しているサービスによって収益を上げるビジネスモデルのため、そのサービスを創るエンジニアやデザイナーの存在が非常に重要です。

数あるサービス・アプリケーションの中で、利益を出すにはユーザビリティに富んだ長く愛されるサービスを創り続けなければなりません。その分、企業がキャリア採用で評価する際には、スキルレベルやサービスを任せられる力があるかどうか、厳しく評価をする傾向があります。

 

重要なことは、自分自身のキャリアパスをイメージすることです。

1 2 3次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会