体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

若い人が突然死を引き起こす原因とは? 関連する病気や症状を解説

若い人が突然死を引き起こす原因とは? 関連する病気や症状を解説
2017年2月8日(水)人気アイドルグループ「私立恵比寿中学」のメンバーの松野莉奈さん(18歳)が、8日朝に亡くなったことがわかりました。

死因に対し、SNS上では「急性脳症」や「インフルエンザ脳症」という誤った情報が拡散する騒動が起きたことが話題となっております。(参考)

急に訪れる突然死、そこに考えられる原因はどのようなものがあるのでしょうか。

今回ニュースとなった急性脳症の解説、突然死を招きやすい病気、突然死が起こりやすい特徴、予防対策などを医師に解説していただきました。

急性脳症とは

若い人が突然死を引き起こす原因とは? 関連する病気や症状を解説
脳に急激な機能不全が起こり、脳に様々な危険な状態が引き起こされる病気のことです。

急性脳炎とは区別され、急性脳炎は髄液検査で炎症が認められる場合のみで、それ以外の場合が急性脳症とされています。

急性脳症の発症は、乳幼児期に起こることが多いことがわかっています。

原因

脳以外の場所で起きているウイルス感染などによって、炎症の際に体内で反応して作られるサイトカインやケモカイン、酸化ストレス等によって間接的に脳の障害を起こされて起こると考えられています。

低酸素状態、血糖値の著しい低下、電解質異常や何らかの化学物質による中毒、肝不全や腎不全、ウイルス感染によるものなど様々な原因がありますが、炎症を伴わない脳の浮腫が、共通点として挙げられると言われています。

症状

様々な原因により脳に浮腫が生じ、けいれんや意識障害の症状が現れ、付随して発熱や下痢、嘔吐などが起こります。

急性脳症による症状の初期症状として、元気がなくなったり、眠そうにしたり、目を開かなくなるなどの症状や、異常な興奮状態がみられることもあります。

初期症状の後に、けいれんなどの症状が現れることが多いとされています。

急性脳症に関連する病気

若い人が突然死を引き起こす原因とは? 関連する病気や症状を解説

ウイルス性急性脳症

ウイルス感染によって中枢神経症状を呈するもので、インフルエンザ脳症もこれに含まれます。

インフルエンザ脳症

主にインフルエンザにかかった幼児が発症する病気で、けいれんや意識障害などの神経症状をはじめ、臓器不全になることもあります。

アデノウイルス脳症

特に夏場に流行する子どもの病気で、別名「プール熱」とも呼ばれます。

ウイルス性急性脳症に含まれますが、アデノウイルスの感染によっても起こることが知られています。

橋本脳症

甲状腺機能が低下することによって、粘液水腫が起こり脳症が起こるものです。

突然死の定義

若い人が突然死を引き起こす原因とは? 関連する病気や症状を解説
それまで元気だった人が急に亡くなってしまうものをいいます。通常は、発症から24時間、つまり丸一日以内に死亡してしまうものを指します。

突然死の中でも、心筋梗塞や心臓弁膜症、心筋症などが原因となるものは全体の60%を占めるともいわれ、心臓突然死と呼ばれています。

突然死を招きやすい病気として、以下のような病気が挙げられます。

突然死を招きやすい病気

若い人が突然死を引き起こす原因とは? 関連する病気や症状を解説

心筋梗塞

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。