体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボクシングの兄弟Kに関わると不幸になる? 「危ない都市伝説」

「記事を編集部に提出した日、自宅に不法侵入があった」

 「口裂け女」のように、まことしやかに噂されるものの、根拠が不明ないわゆる「都市伝説」。2012年1月11日放送の『ニコ生×ナックルズ』では、テレビ等の大手メディアが取り上げることのない「危ない都市伝説」が取り上げられた。番組では、ジャーナリストの片岡亮氏と『怖い噂』編集長の小塩隆之氏がそれぞれ選んだ「都市伝説」を披露した。

 番組で片岡氏は、「酒鬼薔薇はヒルズに住んでいる」、「『となりのトトロ』のモデルは実際にあった殺人事件」といったネタに続き、「別に名前を出してもいいんですけど」とボクシングの 「関わったらヤバい兄弟K」という都市伝説を紹介。片岡氏によれば、彼らと関わったりや親しかったりした人物は次々不幸になっていくという。

 例えば、元横綱の朝青龍は兄弟を「弟だ」と呼んで親しくしていたが、絶頂期に引退に追い込まれた。また、焼き肉店をやっているお笑いタレントは、スポンサーに名乗り出た4ヶ月後、店で食中毒が起こった。EXILEのメンバーは、対談の4ヶ月後に脱税騒動があり、「挙げたらキリがない」と片岡氏は語る。彼らが乗っていたハマーという車は、彼らが乗り出した途端メーカーの経営が悪化、車種自体が廃止になったり、兄弟が「納豆が好き」と言ったら直後に納豆ダイエットのねつ造問題が起きたりしたこともあったという。

 そのほか、兄弟が所属したジムもことごとく不幸な目にあっており、最初に所属したジムは暴力団との関わりでペナルティを受け経営難に。移った先の東京のジムでは会長が激ヤセ、ジムの一階は韓流ショップになってしまったという。

「関わった人がみな不幸になっていってしまうので不思議に思って記事にまとめたところ、記事を書いて編集部に提出した日、自宅に不法侵入があった。別に兄弟が悪いわけじゃないんだけど」

と片岡氏。「偶然だろうけど、語ろうと思えば5、60のデータがある」という。

 ナックルズ編集人の久田将義氏は「これはテレビで放送できないね」と感想を述べると、片岡氏は「(ネタを披露した)今日も何かあるかもしれない」とまとめていた。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 「関わったらヤバい兄弟K」から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv77288472?po=news&ref=news#0:16:16

(尾前孝之)

【関連記事】
「マグロ漁船に乗せる」は脅し文句!? “危ない仕事”の実態
亀田興毅「ソン・スンホンは、俺よりかっこいい」
阿部定は猟奇殺人者か否か その消息は?「見ていたらご連絡ください」
日本全国の「珍スポット」投稿・訪問キャンペーン、ニコクーポンで展開中
究極のタブー「カニバリズム」のあった地に探検家ピアーズ・ギボンが踏み入る

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会