ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

絶品タレでいただく「特撰和牛ささみ焼き」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2月8日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分~)では、旬なイケメンとデートの様なシュチュエーションで色んな場所を巡っていくコーナーで、ミッツマングローブさん、大野拓朗さんが「丹虎」(東京都目黒区)を訪れた。

こちらは京王井の頭線駒場東大前駅から徒歩5分の所にあるホルモンなどが頂けるお店で、行きつけだという大野さんのおすすめメニューが紹介された。
「特撰和牛ささみ焼き」は繊維質な赤身と霜降りの多さが特徴で、1頭から10人前程度しか取れないバラ肉だという。お肉を引き立てるのが絶品のタレで、大野さんは「肉も世界一、タレも世界一!この店に勝つ店がない、このタレめっちゃうまいんです」と大絶賛。岡山県出身という店の創業者が、地元ではポピュラーな味噌ベースのタレを再現したのだという。数種類の味噌を醤油などとブレンドして作っている店のオリジナルだ。
こちらのタレで頂いたササミに、ミッツさんは「あっ!柔らかいけど脂の感じが独特。脂がまとわりつかない感じ。脂!っていう主張はちゃんとある」と絶賛。大野さんも「あぁうまい!サクサク!美味しい!幸せ!」とお肉を堪能していた。

続いて山形県産のつや姫を使用し、お肉に合うように少し硬めに炊いた「土釜炊きごはん」を頂くと、ミッツさんは「うわ~おいしい!全然ごはんだけでいけますね。良い加減の水分」とコメントし、大野さんもお肉とごはんを頬張りながら「うま~い!」と笑顔になった。お楽しみとして土鍋にお焦げで残ったごはんは、焼きおにぎり風に、醤油を垂らしお肉と一緒に頂ける。

最後に「鉄板ホルモン焼き」が紹介された。小腸、上ミノ、センマイ、ツラミ4種類のホルモンをキャベツ、もやし、ニラで蓋をして蒸し焼きにし、味噌ダレで仕上げる岡山名物で、店の看板メニューだという。「あっ!味が染みてる、キャベツでご飯食べられますね」「あ~!癒やされる、癒やされたーい!」と2人は美味しそうに料理を口に運んだ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:丹虎(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:代々木上原のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:焼肉・ホルモン・鉄板焼きのお店紹介
ぐるなび検索:代々木上原×焼肉・ホルモン・鉄板焼きのお店一覧
厳選素材のこだわりダシ「かき揚げそば」
ひたすら叩いて作る「地魚のなめろう」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。