体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大規模な自然災害や事件が発生した際にFacebookユーザー同士で助け合うことのできるコミュニティヘルプサービスが開始

Facebook は 2 月 9 日、大規模な自然災害や事件が発生した場合に提供している Safety Check の機能を拡張して、付近で助けを求めている Facebook ユーザーをアプリ上で発見し、必要に応じてその方と直接連絡を取ることのできる「コミュニティヘルプ」サービスをローンチしました。Facebook では国際的な危機報告機関から災害や事件の発生に関する警告を受けると対象エリアの投稿を監視しはじめ、災害に言及した投稿が多い場合には Safety Check を発動し、そのエリアの Facebook ユーザーのニュースフィードに通知します。この中では、自分の安否を報告したり、友人の安否を確認できるほか、新たに導入されたコミュニティヘルプ機能を利用して対象エリアで助けを求めている Facebook ユーザーを探すことができます。必要であれば助けを求めている人と直接連絡を取ることも可能です。コミュニティヘルプは開始時点で、米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、インド、サウジアラビアで利用できます。日本では提供されていません。Source : Facebook

■関連記事
Samsung、MWC 2017で顧客に対しFoldableなスマートフォン・タブレットを公開へ
アスク、Androidに直挿しできるVRカメラ「Insta360 Air」の取り扱いを発表、USB Type-C版もあり
Google、オフライン利用に特化した「YouTube Go」のベータ版をGoogle Playストアにリリース

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。