ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

映画『美女と野獣』、アリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌う主題歌が公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

セリーヌ・ディオンとピーボ・ブライソンによるデュエットの後は、アリアナ・グランデとジョン・レジェンドによるデュエットの登場だ。

2月6日(現地時間)、米ウォルト・ディズニーは、映画『美女と野獣』のファイナル・トレーラーでグランデとレジェンドによるデュエットを短く公開した数日後、2017年公開予定の実写リメイク版映画の主題歌をフルバージョンで公開した。

同楽曲は、アラン・メンケンが作曲しハワード・アシュマンが作詞した。1991年に公開されたオリジナル版映画では、アンジェラ・ランズベリーによって歌われた。同楽曲は、ゴールデングローブ賞とアカデミー賞で主題歌賞、歌曲賞に輝いた。『美女と野獣』は他にも2つのグラミー賞を獲得し、8部門にノミネートされた。ディオンとブライソンは、デュエットとして同作のサウンドトラックで同楽曲をカバーし、これがグランデとレジェンドのバージョンに繋がった。リメイク版映画では、エマ・トンプソンがポット夫人を演じ、同楽曲を再度披露している。リメイク版には、メンケンとティム・ライスによる複数の新曲も含まれている。

リメイク版はビル・コンドンが監督を務め、エマ・ワトソンがベルを、ダン・スティーヴンスが野獣を、ユアン・マクレガーがルミエールを、イアン・マッケランがゴグズワースを、スタンリー・トゥッチがカデンザを、ケヴィン・クラインがモーリスを、ググ・ンバータ=ローがプリュメットを、オードラ・マクドナルドがマダム・ド・ガルドローブを演じる。ルーク・エヴァンスとジョシュ・ギャッドは、ガストンとル・フウを演じる。

グランデとレジェンドによるフルバージョンの楽曲『美女と野獣』はこちら。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。