ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

『Pixel Princess Blitz』約1200万円の支援金額でKickstarter完遂 可愛らしいドット絵のローグライク・アクションRPG

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2月9日、韓国及び日本人によるインディーゲーム作品『Pixel Princess Blitz』のkickstarterプロジェクトが完了された。支援金額の総額は約1200万円(102,418ユーロ)という結果となっており、元々設定されていた目標金額は77,700ユーロ(約950万円)。

817d43920b466d9bd9527c2bb22f517a_original
『Pixel Princess Blitz』kickstarterページ
 
『Pixel Princess Blitz』は、ハックアンドスラッシュとボードゲームの要素を合わせたゲーム。フィールドで発生するランダムイベントなどでボードゲームの特徴が出ている。また本作はローグライクでありながらストーリーも充実しているようで、メインは主人公の少女クルナが滅亡寸前の王国を救う旅であるが、他のキャラクター達とのロマンスが用意されているとのこと。

タイトルに「Pixel」とある通り、可愛らしいドット絵が特徴的な本作。ドット絵を手がけるのは3人の日本人ピクセルアーティストとなっている(メインキャラクター:シロス氏、敵&NPC:鮫妻丈二氏、敵アニメーション:E79氏)。また本作はSteam Greenlightのページも日本語化されており、ゲームも日本語で楽しめる可能性があることを推測できる。Steam Greenlightのページではゲームの内容をマンガ形式で説明している。

公式サイト:http://pixelprincessblitz.com/

本作の対象プラットフォームはWindows、Mac、Linuxを予定。完成に向けて、今後の展開が楽しみな作品だ。

(関連記事)
完成が待ちきれない、美しいドット絵のインディアクションゲーム10選

関連記事:

ローグライク・アクションRPG『Xenon Valkyrie』 美しいドット絵とチップチューン音楽が光る新作
『ゼルダ』や「ジブリ」の影響が息づく『Hyper Light Drifter』は美しくもムズかしいアクションRPGだった
『Stardew Valley』開発元が日本語版ローカライズ状況に言及

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。