体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

こだわり派のカレにあげたい♡バレンタインにぴったりなビーントゥバー・チョコ10選

「ビーントゥバー(Bean to bar)」という言葉、最近耳にすることが増えてきましたよね♪

ビーントゥバーとは、カカオ豆の仕入れや選別から板チョコ製品にするまでを、1つの工房でおこなう生産スタイルのこと。

日本でもここ数年、食にこだわりをもつ人たちの間でジワジワと人気が高まってきています。

そこで今回は、東京都内で購入できる、おすすめのビーントゥバーのお店をご紹介!

バレンタインも近いので、ぜひギフトの参考にしてみてください♡

・ミニマル

Minimal(ミニマル) – Bean to Bar Chocolate」は、日本にある自社工房でカカオ豆から板チョコができるまでの全工程を管理しているビーントゥバー専門店。

店舗は、富ヶ谷本店と銀座店、そして工房を併設した直売所として今年1月に新たにオープンした白金高輪店の3つあります。

数量限定で販売中の「Minimal Flight 2017~World Bean to Bar Trip~」(5980円)は、世界各地のカカオから作られたチョコレートを食べ比べできるセット。

小包をモチーフにしたパッケージもオシャレです♡

ミニマル
http://mini-mal.tokyo/

・ダンデライオン チョコレート

DANDELION CHOCOLATE(ダンデライオン チョコレート)」は、サンフランシスコ発のビーントゥバー・チョコレート店。

日本国内には、工房とカフェを併設した蔵前店のほか、伊勢外宮前うみやまあひだミュゼ店、そして2月9日にオープンした鎌倉店の3つのお店があります。

ビーントゥバーを初めて食べる方には、日ごろ私たちが食べなれているチョコレートに一番近い「サンフランシスコ・デ・マコリス」(税別1200円)、お酒が好きな方には日本酒やワインなどによく合う「サン・ファン・エステート」(税別1200円)がオススメ♡

また、14日までの限定でチョコレートケーキも販売中なので、そちらも要チェックです!

ダンデライオン チョコレート
https://dandelionchocolate.jp/

・ショコル

世田谷にある「xocol(ショコル)」は、厳選されたカカオ豆を自家焙煎し、石臼で挽いてチョコレートをつくっているお店。

昔ながらの石臼構造の道具をつかうのは、素材の味を最大限に引き出すためだそう。

1 2次のページ
生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。