ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

本日新発売!ファーストキッチン贅沢ミラノ風カツレツサンド2種類

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

本日2月9日(木)より、ファーストフードチェーン「ファーストキッチン」から、贅沢なサンドメニュー2種類が発売となる。

今回新発売となるのは、食べごたえバツグンな贅沢ミラノ風カツレツサンドが2種類。

ひとつは、イタリアンの定番・トマトとモッツァレラチーズを使用した「ミラノ風カツレツサンド(モッツァレラ&トマト)」単品460円(税込)、もう一方は、少し和な風味を感じさせる、かつソースをプラスした「ミラノ風カツレツサンド(チェダー&かつソース)」単品390円(税込)。

まずは今回のカツレツサンド2つに共通するこだわりについて注目!

こだわりその1は、オリジナル「フォカッチャ風バンズ」。

まず一口頬張ると、フォカッチャ生地のもっちり感とカツのサクサクとした食感が新鮮。ファストフードのバンズや揚げ物は、袋を開けると蒸気や水分で食感を失っていることが多いが、出来たてのような贅沢な食感を味わえるのがうれしい!

このオリジナルフォカッチャ風バンズは、今回の「ミラノ風カツレツサンド」のためだけに開発されたものなのだとか。

高温で一気に焼き上げることでバンズに旨みを閉じ込め、バンズ自体のもっちり食感を楽しみながら、カツレツのサクサク感を損なわないような工夫が施されているそう。

こだわりその2は、「国産野菜」使用。

それぞれのサンドに使われている野菜(キャベツ・ベビーリーフ)は、国産野菜。特にベビーリーフは、9種類の葉の中から一番摘みの葉のみをミックスし、フレッシュな青みでサンドの味をバランスよく引き立てている。

こだわりその3は、カリっとジューシーな「三元豚カツレツ」。

今回のサンドの主役は、なんといってもカツレツ。養豚農場から工場まで一貫管理された安心の三元豚のロース肉を使ったカツレツは、配合飼料にもこだわったというジューシーな旨みと柔らかな食感で、誰にでも親しまれる美味しさに。

また、豚肉の旨みと食感を引き立てるパン粉も、特別配合によりサクサク感が持続するようになっている。

■「ミラノ風カツレツサンド(モッツァレラ&トマト))」単品460円(税込)

袋を開けるところんっと飛び出すモッツァレラチーズは、北海道根釧地区限定の生乳からつくられたミルキーな味わい。甘さと酸味がほどよく調和したトマトフィリングと合わさり、イタリアン好きな女性のお手軽ランチとしても満足できるような本格的な味わいに驚き。

ソースの量もちょうどよく、歯切れのよいカツレツの食感を楽しみながら、片手で食べてもこぼれてこない食べやすさも◎。さらに、見た目よりもさっぱりとしているので、ボリュームがあるのについついクセになる。

■「ミラノ風カツレツサンド(チェダー&かつソース)」単品390円(税込)

定番のソースカツレツに、濃厚なチェダーチーズのコクとほんのり感じるソースのスパイシーさがプラスされた、シンプルでありながら新しさも感じさせるサンド。時間が経ってもキャベツの水分やソースでしんなりせず、冷めてもザクザクした食感とフレッシュな美味しさが楽しめる。

お腹が空いてがっつりとお腹を満たしたい!という学生や男性はもちろん、老若男女問わず、誰にでも親しみやすい安心感のある味わいに仕上がっている。

“カツサンド”というと、学生や男性のワンハンドランチというような印象があるが、”カツレツサンド”はまさに、イタリアンランチをひとつのサンドにまとめたようなワンディッシュ…というような感覚で楽しめる。

忙しいときのランチやお一人様の食事としてもぴったり。普段ファストフードをあまり食べないという人も、一度味わってみたら印象が変わるかもしれない。

ドリンクとポテト、またはサラダとのセットメニューでもオーダーできるので、一度試してみて!

選べるドリンクやポテトのメニューはこちら( http://www.first-kitchen.co.jp/food/set.php#choice )。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。