ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『Stardew Valley』日本語を含むローカライズ版のβ配信が開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

インディーゲームディベロッパー「ConcernedApe」は、2月8日、開発を手がける農場生活RPG『Stardew Valley』の日本語版を含むローカライズ版のβテストを開始を発表した。現在、ドイツ語、スペイン語、ブラジルポルトガル語、ロシア語、日本語、簡体字中国語へ翻訳された本作を遊ぶことができる。

the Stardew Valley Localizations beta is live, more info here: https://t.co/MZvAof6UcF

— ConcernedApe (@ConcernedApe) 2017年2月7日

ConcernedApeが『Stardew Valley』の公式サイトにて公開した記事によると、現在公開されているβ版には下記の内容が含まれているとのこと。

・ドイツ語、スペイン語、ブラジルポルトガル語、ロシア語、日本語、簡体字中国語への翻訳
・動物の幸福度に関連するバグの修正
・タイトルへ戻るためのボタンの復活
・ゲームパッドを使ったプレイ時の改善

Stardew Valley
 
本作を既に購入しているユーザーであれば、すぐにβ版をプレイすることができる。プレイ方法も記事にて記載されており、Steamライブラリから、 ‘Stardew Valley’を右クリックし、’Properties’を選択。次に[BETAS]タブを選択し、表示されたドロップダウンメニューから「beta – Help test new updates before they live!」を選択。

なお、β版に移行する前に、現在のセーブデータのバックアップを取ることを推奨されている。こちらのセーブファイルに関する記述なども参考に、バックアップを行っておこう。

開発元はβ版のフィードバックも求めており、β版をプレイした際のコメントなどはこちらのフォーラムなどで報告が可能となっている。

2016年9月に行われた発表では、ローカライズ版は2016年内にPC版へのリリースを予定としていたが、ローカライズされたバージョンのチェック後、より多くの作業が必要であることが明らかになっていた。その時点では2017年2月の初期にβテストを行う予定となっていたが、今回のテスト実施を鑑みると、ローカライズは順調に進んでいると見受けられる。今後の進展も楽しみにしたいところだ。

『Stardew Valley』ゲーム内容

『Stardew Valley』は、『牧場物語』などに影響を受けた牧場生活RPG。現在はSteamにて英語バージョンが配信中となっている。
 
Stardew Valley
 
Stardew Valley
 
Stardew Valley
 
ゲーム内容としては田舎の生活を楽しむRPG/シミュレーションゲームとなっており、都会の会社生活に嫌気が差した主人公が、田舎町の新しい住人としての生活を始めるところからゲームは開始。住人には畑が割り振られており、作物を育てることが可能。そのほか町の住人との交友や結婚など、様々な関係を育むことができる内容となっている。

(関連記事)
牧場生活を楽しむRPG『Stardew Valley』日本語版が発売予定
『ゼルダ』や「ジブリ」の影響が息づく『Hyper Light Drifter』は美しくもムズかしいアクションRPGだった
Steamで同人・フリーゲームを販売するには? 実際にやってみた資料が公開

関連記事:

名作インディゲームRPG『UnderTale』 公式日本語版が2017年配信予定
『Stardew Valley』開発元が日本語版ローカライズ状況に言及
『Terraria』開発元が配信する新作『Pixel Privateers』ちびキャラ部隊を率いる戦術アクションRPGが近日発売

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。