ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

あの名子守歌に隠された秘話

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

あの名子守歌に隠された秘話
J-WAVEで放送中の番組「ACOUSTIC COUNTY」のワンコーナー「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」(ナビゲーター:西村由紀江)。2月7日(火)のオンエアでは、この週のテーマである「子守歌」から、“歌のない子守歌”を紹介ました。

西村によると「歌のない子守歌にも名曲はたくさんあります」ということで、フランスの作曲家ガブリエル・フォーレの組曲「ドリー」から「子守歌」を流し、「優しく語りかけるようなメロディ…癒されますね…」とその魅力を伝えていました。

この曲は、“ドリー”と呼ばれていた女の子エレーヌの1歳の誕生日に、フォーレが贈った曲。それが1893年のことで、それから毎年1曲ずつプレゼントを続け、それがピアノ連弾用の6曲からなる組曲「ドリー」として完成したのだとか! その組曲は1898年に初演され、1906年にはオーケストラ版も作られたそうです。

そんな組曲を贈られた女の子エレーヌは、なぜそんな素敵なプレゼントをもらえたのでしょうか? それは、エレーヌの母親エンマ・バルダックとフォーレが親しかったから。歌手でもあったエンマは17歳で銀行家と結婚しましたが、社交界でも活躍する恋多き女性として有名だったそうで、「研究家の間ではエレーヌの父親はフォーレではないか」と言われているそうです。

そんなエマですが、フォーレとの親密な関係を数年続けた後、なんと今度はドビュッシーと再婚! そしてクロード・エマという娘を授かったそうですが、43歳で初めての子供を授かったドビュッシーは娘を溺愛し、クロードのために組曲「子供の領分」を作曲しプレゼントしたそうです。そのためエマは、“2人の娘が2人の大作曲家から曲をプレゼントされる”という何とも珍しいエピソードをもつ母親となったそうです。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」
放送日時:月・火・水・木曜 15時15分−15時20分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/secretnotes/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。